左ききの狙撃者 東京湾
3.8

/ 4

25%
25%
50%
0%
0%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(3件)


  • kin********

    4.0

    ネタバレ隠れた名作

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • bakeneko

    5.0

    ネタバレあまり急いで手錠を掛けると…

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • jig********

    3.0

    刑事の捜査はアナログが似合う

    ビルの上から車に乗った男を狙撃、 狙撃位置から推察すると犯人は左利き。 そんな事件から始まる物語ですが、 犯人が左利きと判明する部分もそうですが、 聞き込みから何から久々に見るアナログな 警察の捜査方法がなにやら斬新。 今の若い奴らは刑事の感なんか信じちゃいないだろ・・ とかなんとかベテラン刑事が若手に話してましたが、 作品が作られたのが1962年でその頃から 刑事の感がどうのと言われてたということは、 ハイテク捜査が行われ始めていた時期でも あるのかなと思いました。 ちなみに指紋照合は顕微鏡みたいなもの 覗いて見比べていまして目が疲れそうでした。 事件を追ううちに浮上してきた刑事の旧知の男でしたが、 会った場所が戦地というあたりも時代を感じます。 そうですね、戦争に行っていた人間だからこそ 狙撃の腕があったのでは・・。 当時の時代背景と狙撃事件という設定がリアルに 合っていた時代でもあったのですね。 現代では狙撃事件・・なんて設定 似合わないしリアルに通じないものかもしれません。 最後、列車内で犯人と格闘し どうなることやらと思ったら、 命懸けの捜査と命懸けの逃亡劇の結末は なかなか衝撃的でした。

1 ページ/1 ページ中