黒の試走車(テストカー)
3.5

/ 19

11%
37%
47%
0%
5%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(10件)


  • 池バス

    4.0

    白黒映画でした

    田宮二郎主演。脚本が面白かった。 産業スパイの走り。高度成長期の昭和の車産業の事が良くわかりました。

  • stanleyk2001

    5.0

    大映は凄い!

    傑作スパイ映画。といっても東西冷戦ではなく産業スパイ。 新型スポーツカー開発をめぐる自動車会社の熾烈な情報戦。盗聴、盗撮、潜入、窃盗、罠、買収、脅迫、強要、美人局、果ては偽装事故! 田宮二郎、高松英郎達のメリハリの効いた演技。増村保造監督の無駄ないスピーディな演出が光る。思わずうーんと唸ってしまう社会派サスペンスの傑作!大映は凄い!

  • lov********

    3.0

    ネタバレある実在したメーカーがモデル

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • kyo********

    3.0

    ネタバレ陳腐化=安易な価値観の報い

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • ********

    4.0

    新しい戦争

    1962年。増村保造監督。自動車会社の新車開発をめぐってライバル社とのスパイ合戦を描いた話。相手は元関東軍特務機関の凄腕産業スパイに対して、民間出の産業スパイ(高松英夫)の部下(田宮二郎)は恋人(叶順子)を使ってまで情報を得ようとするという話。恋愛の話がかすんでしまって男たちの戦いに焦点が絞られているのは残念です。産業スパイといえば女でしょう。 テーマはずばり「戦争」。高度経済成長を迎えた日本社会の様子がかつての戦争の比喩で語られる。かつての国家の戦争と違うのは、社内にも身内にもいたるところに敵がいて、いたるところに金でころころと転ぶスパイがいること。嘘や裏切りが日常的なこの新しい「戦争」にはルールがない。田宮二郎が最後に「会社って何です。人間よりもえらいんですか」と啖呵を切ってやめていくように、ルール無視の経済戦争と「人間」が対比されています。 ラストは、陰謀と裏切りが渦巻く「黒」い経済社会から生まれた車と、そこから抜け出した田沼と叶の「白」いカップルの対比。彼らが着ているものは当然白いわけだし、波打ち際で白く弾ける波頭の傍らでキスを交わすわけです。当時の黒シリーズは白い人間を必要としているらしい。

  • hai********

    5.0

    ネタバレ「産業スパイ」というお仕事

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • hsq********

    4.0

    ネタバレ最後は車を大量破壊しちゃったりして

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • dqn********

    3.0

    ネタバレ目には目を、歯に歯を。産業スパイの攻防

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • いやよセブン

    3.0

    田宮二郎の黒のシリーズ

    産業スパイ~なんとなく古くさい言葉になってしまった~が相手企業の新車の情報を手に入れようと躍起になる。 娯楽の王道ともいうべきストーリーで、何でもありの展開。 田宮二郎はあまりにもえげつない情報戦に疑問を感じるのだが、手段を選ばず徹底して戦う高松英郎のほうが魅力的。

  • sei********

    3.0

    「情」の徹底した遮断

    増村監督1962年作品。 自動車メーカー間の謀略戦、産業スパイの実態を描く。 田宮二郎よりはむしろが高松英郎が話しの中心。「巨人と玩具」同様、彼にはバイタリティ溢れる企業マン役がピッタリ。行き過ぎた所があるのだが・・・ 裏切り、情事、どんなことをしてでも情報を奪い、探り合う様が惨い。戦争だ。 会社のために人間の本性を失っていく。 企業に対する社会批判をテーマとしているが、後の作品「夫は見た」では、若尾文子が登場し、愛と会社の選択をテーマとしている。 「情」が遮断されていて、かなりドライな味わいだ。

1 ページ/1 ページ中