渡り鳥故郷へ帰る
3.5

/ 4

25%
0%
75%
0%
0%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(2件)

かっこいい28.6%勇敢28.6%楽しい28.6%セクシー14.3%

  • pj2********

    3.0

    ネタバレ渡り鳥故郷へ帰る

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • jig********

    3.0

    マイトガイ見納め”渡り鳥9”+【総括】

    故郷高松に戻った滝ヒロシ(小林旭)が ヤクザ相手に大活躍! 「渡り鳥」シリーズの最終の第9作目です。 前作じゃ博打がなかったなぁと思っていたら、 今作では登場! しかも丁半博打だ!江戸時代ですかい?w 主人公の名がいままで滝伸次(タキ シンジ)だったのに今回は ヒロシさんと呼ばれているのも謎だ。 いつのまに改名したんだ? ”番外編的色合い濃い”作品とのことなのでまぁいいか。 でもなぁ、なんで名前まで変えちゃったんでしょね? しかも今回はなんと 薄黄色のジャケットとパンツ姿だ! こんな色が似合うのはアキラ氏しかいないに違いないw シリーズ最終作なのに どうにも観てる私に、みぢから(観るチカラね)がない^^; やっぱりジョー(宍戸錠)がいないのは寂しいなぁ。 彼の濃ゆいキャラがこのシリーズを盛り上げていたと 言っても過言じゃないと思うのだが・・。 まぁ、正義感に燃える主人公が 悪漢と渡り合うとこがいつも通り楽しめればよいのかな。 【総括】 ”渡り鳥”シリーズ全9シリーズを全部観たので一応全体の感想でも。 私が物心ついてテレビを見てた頃には すでに小林旭氏は有名で、というかテレビでは見かけることもなく 私がよく見るテレビの人達が小林旭氏をモノマネしたりベテラン扱いだったので すごい人なんだなと思いつつもその人気などちっともわかりませんでした。 今回シリーズを観てみて思ったのは、 シリーズの製作年が1959~1962年というかなり短い期間に 9作品も作ってるということが、その人気の高さを示しているのかなと思いました。 ギターを持ってぶらりと日本を旅して悪漢たちを蹴散らす! そして得意の歌で魅了する。 なるほどかっこいいわけですな。 今観ても、当時の彼はかっこいいと思うのですが・・ 現代の女性にはどう映るのか聞いてみたいところです。 なんとなく、劇団ひとりがネタで使うキャラの一人に居そうな感じですが、 もしかしたらレパートリーのひとつなのかも。 このシリーズの特徴として ライバル役が必ず現れるのですが、 やっぱりシリーズ前半~中盤まで登場したジョー(宍戸錠)が そのキャラの濃さといいかなり印象に残ります。 後半に出てこなくなって物足りなく感じてしまうのは私だけだろうか。 ちなみにマイトガイとはダイナマイト・ガイの略だそうで マイトガイと言えば小林旭。小林旭と言えばマイトガイ!らしい。 時代を感じはしますが、 アキラ(小林旭)かっこい~と単純に感じるだけでも楽しいかなと思います。 小林旭氏の歌も聞けますしね。 どの作品も1時間20分程度なので気軽に観られるのもよいかと思います。 しかしまぁ、今時この手の作品を観てる物好きって・・私くらいだろかw

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
渡り鳥故郷へ帰る

上映時間
-

製作国
日本

製作年度

公開日
-

ジャンル