八月十五日の動乱
3.3

/ 11

9%
18%
64%
9%
0%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(2件)

絶望的33.3%切ない33.3%悲しい16.7%不気味16.7%

  • sou********

    3.0

    それぞれの信念を責められない部分もあり…

    玉音放送に至るまでの舞台裏について描かれた映画を観たのは3本目。 その点で、あらすじは知っての事。内容の正確さは知らない。そもそも、歴史認識は、新しい事実の発覚で根底からひっくり返る可能性があると思っているので、正しい歴史という概念を持たない姿勢を取っている。 ただ、そこに現れる表舞台の現象は、人の行動と想いの結果だと信じているので、その心を感じ取れた良いのだが…と、思っている。 世界中の紛争地域でも、立場が変われば視点も変わるわけで、犠牲者の想いもあれば、命を賭してテロを行うに至った心理もある。 行動の正否はあるだろう。他のやり方だってあっただろうに…と僕の道徳心や倫理観は訴えてくる。 だからこそ、其処に至るまでの心が知りたいのだ。根底として、互いに理解を得る為には、屈服より心腹に至る信頼だと信じるから。 八月十五日という日に至る破滅的攻撃と政治混乱の中、国を守る為の降伏を選択した政治家と、陛下の心を汲み取れた事折り合いを付けた軍部の方々と、信念や責任や忠誠だろうか?先に逝った戦友への想いだろうか?自決で持って運命を決断した方々と、玉音放送に崩れ泣く国民と…国に尽くした先輩達の物語に、平和な世の中でぬくぬく生きてる僕に語れる事などある筈もない。 ただ、いろんな想いが交錯する八月十五日の想いを感じとりたい。そんな映画だと思う。

  • tak********

    3.0

    戦争をやめられない日本

    終戦に向かい戦争をやめられない軍部。 今のオリンピックをやめられなくてコロナを抑えられない政府と重なる。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
八月十五日の動乱

上映時間
-

製作国
日本

製作年度

公開日
-

ジャンル