その夜は忘れない
3.4

/ 9

11%
33%
44%
11%
0%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(5件)

悲しい25.0%切ない16.7%かっこいい8.3%セクシー8.3%泣ける8.3%

  • km_********

    3.0

    原爆とメロドラマの融合

    広島原爆とメロドラマの組合せは当時としては進取に富んでいたのかもしれないが、今となってはいささか作為的な感じで若干陳腐な印象を受けざるを得ない。 その意味で「不朽の名作」たりえない本作であるが、被爆17年後の広島の描写が、復興の兆しが見えてきた裏側ですでに広島自体が「ヒロシマ」の忘却に躍起であったことに力点を置いている点に興味を持った。 しかるに毎年平和式典が広島で開催されるニュースを見るにつけ、結局は過去の問題よりも将来の核廃絶・脱原発といった「政治問題」に結びつけることでしか式典の存在意義を見出し得ないことを本作の鑑賞で改めて感じさせられた。 ちなみに主演の若尾文子は確かに綺麗な女優だとは思うが、演者としては今一つ私の好みではない。

  • mal********

    4.0

    広島弁は迫力があるんじゃけんのー!

    1962年に公開された映画です。 週刊誌記者の加宮(田宮二郎)は原爆投下後17年の企画として、現状の広島と被害者の取材のため広島に訪れる。だが、そこには原爆のことを忘れるかのように、戦後の傷跡から立ち直った人々の姿があった。仕事に見切りをつけ、広島を去ろうとする加宮は、ふと立ち寄ったバーで子(若尾文子)と出会い、二人はすぐに惹かれあうのだが・・・。 というのが、おおまかなストーリーです。 最初は加宮の地道な取材する姿が描かれ、このままの形で映画が展開すると思っていましたが、秋子との出会いを通して被爆者の現状を静かに描くことで、原爆の恐ろしさは十分に伝わってきました。 また、いつもはギラギラした演技をすることが多い田宮二郎(かなり男前です)の誠実な演技も、この映画の大きな魅力と言えると思います。ただ、映画が核心にさしかかってから流れる劇中の音楽が、やたらド派手なのが気になってしまいましたが・・・。 私は声高々に?戦争反対!!?と連呼される映画よりも、静かでありながら確実にメッセージが伝わる本作のような映画が好きです。

  • ami********

    3.0

    若尾・田宮コンビ

    吉村公三郎監督の映画は相変わらずYahoo!では余り観られてないですね。 結構佳作が多いので、戦後の昭和映画が好きな方にはお奨めですよ。 特に成瀬監督のファンには通じるものがあると思います。 今回のこの映画で、久しぶりに田宮二郎を拝みました。彼の演技は本当に 安心して観れます。若尾文子との競演は山崎豊子の女の勲章以来ですね。たぶん。 広島被爆のその後を描いた社会派ドラマですが、田宮・若尾とくれば男女の 色濃い恋愛が堪能できるのも、これまたこの映画の魅力のうちです。 17年前に被爆した美貌なバーのマダム・若尾は、すっかり心身ともに病んでいる のだけれど、徐々に被爆について取材をしている記者・田宮と恋に落ちていく。 そんな普通ではないシチュエーションの恋愛映画です。 相変わらずの若尾の色気も然ることながら、久しぶりの田宮に観入った私でした。

  • nek********

    5.0

    若尾の

    若尾文子の美しさに圧倒された。よってラストは悲しさ100倍!

  • har********

    4.0

    悲恋です

    本当に若尾文子さん美しい、ゆえに悲しいストーリーです。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
その夜は忘れない

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日
-