続・座頭市物語
3.6

/ 23

9%
48%
39%
4%
0%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(9件)

かっこいい22.7%勇敢22.7%楽しい13.6%切ない13.6%悲しい4.5%

  • pai********

    3.0

    まず第一作を観る必要がある

    第一作を観てから観れば、続きなのでそれなりに楽しめます。 ただ、単体としての映画としての完成度はやはり一作目の方が上です。

  • bpp********

    4.0

    二部作完結編

    初代作品がヒットしたから急いで作った続編の今作だが、前作では決着ついていない因縁を今作できっちり決着を付けているのでまるではじめから二部作で作っていたかのような素晴らしい脚本だと思う。 初代を楽しめた人は必ず見るべき良質な続篇。

  • kus********

    4.0

    ネタバレ兄弟で兄弟の役での共演

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • jig********

    3.0

    兄でもありライバルでもあり

    座頭市に似た顔の侍が居る・・。 一人二役でもやっているのかと思ったら、 侍の方は若山富三郎(この時は城健三朗)氏でした。 (勝新さんのお兄さんですね) 前作『座頭市物語』から1年後という設定らしく、 前作に出てきた浪人の名前も出てきたりします。 めくら=按摩という仕事が確立されていた時代なのか、 どこぞの宿から声がかかって殿様にマッサージする市ですが、 そこで殿様の秘密を知ってしまい命を狙われることに・・。 って、こんなことで命を狙われるのもなんですが、 めくらであるがゆえに強くならなければ 生き残れないというところが、 意外とシビアな世界なんだなぁと感じるわけで、 市が強かったからこそこの物語が成立しているというところが このシリーズの面白さでもあり、 めくらと対峙する多くの人々の人となりが 観ているこちら側には筒抜けになっているというあたりが、 人として考えさせられる部分なのかなと思いました。 城健三朗氏演じる侍が市とは実はかなり近い仲だったりと なかなか興味深い話ではあり、 市の人間関係が少しだけわかる物語となってます。 今後のシリーズで市の人間関係が出てくるかは不明ですが、 シリーズをずっと観ていく上では 本作の相関図が頭の片隅にあるといいのかもしれないと感じました。 本作で思ったのですが、 市が意外と女性に人気があるというか 惚れられやすいというか そのあたりの意外性みたいなところが面白かったりします。 女性は市の心に惹かれているのかなと思うと、 世の中まだまだ捨てたものじゃないなと思いました。 ま、白黒作品の時代なので現代がどーかはわかりませんが。

  • iko********

    4.0

    ザ・座頭市②~悲しみの兄弟

    前作の1年後、”ろうがい”の侍との約束・供養に訪れた市は、実の兄貴(城健三郎、実は若山富三郎)と再会するが・・。 以前に市が兄弟で取り合った女と瓜二つの女性に、水谷良重・・色香がたまりません。 市と彼女の”夫婦ごっこ”がなんかイイ。そこに前作の女性が絡んできて・・。 クライマックスの真の”兄弟対決”、メ●ラvsかたわの悲しき対決の行く末は・・。 ラストシーンは斬新です。賛否両論かも。なんか「怒りの鉄拳」を思い出した。 前作よりは落ちますが、シリーズの魅力を十分味わいました。 バクチのシーンがなかったのが物足りなかった要因かもです。 次は「新座頭市物語」です。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


勝新太郎座頭市
万里昌代おたね
城健三朗渚の与四郎
中村豊鏡の三蔵
柳永二郎飯岡助五郎

基本情報


タイトル
続・座頭市物語

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日
-

ジャンル