宮本武蔵 般若坂の決斗
4.2

/ 33

42%
39%
18%
0%
0%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

作品レビュー(6件)

かっこいい25.0%勇敢20.0%楽しい10.0%スペクタクル10.0%不気味5.0%

  • ken********

    4.0

    剣の旅のロードムービー

    5部作の2作目。 3年の幽閉生活での学びによりまともになった宮本武蔵の剣の旅路。凛々しくなったなー。 巌流島の決闘ぐらいしか、知らなかったので、こういう若かりし頃の話はおもしろい。 続きも気になってきた。

  • dou********

    5.0

    ネタバレいかん

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • ayutakaringjets

    4.0

    ネタバレかつらとサラリーマン、と仮○ライダー。

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • aki********

    3.0

    肩透かし攻撃

    中村錦之助(萬屋錦之介)の当たり役と言えば、何はおいても宮本武蔵でしょう。 講談の世界ではひたすら強いだけの鬼神のようだった武蔵が、吉川英治の小説によって、人間として成長を目指すストイックな求道者という新しいヒーロー像に生まれ変わりました。この新しい武蔵像を銀幕の世界で完璧に具現化したのが、錦之助の武蔵シリーズでした。 錦之助は体も大きくなく、声も甲高くて伝統的な「豪傑」というイメージではないですが、むしろその「軽み」が、新しい武蔵像にはピッタリ。もちろん、ただ軽いだけではなく、穏やかな笑顔、身を裂くような苦悶、激しい憤怒といった表情を演じ分ける抜群の演技技術がスクリーン上で躍動!武蔵シリーズが大ヒットしたのも、納得がいくというものです。 恐縮ですが、この映画、あまり面白くないのでした。錦之助は勿論素晴らしい演技を披露しているのですが、シナリオや演出が、なんというか「かたすかし」の連続なんです。内田監督は脚本にも参加しているので、意図的にそういう流れを作ったのだと思いますが、観客に期待させておいて裏切るということをやりまくっています。「時代劇=予定調和」という固定観念にたいするアンセテーゼなのでしょうか?けど突き抜けたいときに突き抜けてくれないと、観客はフラストするんですけどね~。

  • ioi********

    5.0

    投稿者の方の批評に感心

    自称かなり熱烈な内田吐夢フアンです。 他の投稿者の方の批評がとても新鮮で楽しく書いて居られるので、私も便乗してコメントさせてもらう気になった次第です。 「バガボンド」はガソリンスタンドなどで切れ切れに拝見しただけですが、男の生き様を独特の力強さで迫ってくる点で確かに吐夢版「宮本武蔵」とも共通する点があるように思われます。迫力において間違いなくこの映画は見ていると思っています。 第1作目の「宮本武蔵」の結末は確かに尻切れトンボのようにも移ります。でも私は原作を大好きで読んでいたので、出来るだけ忠実に原作を追いながら、この監督らしい写実描写を取り入れつつも、ここぞというシーンは敢えて象徴的な扱いで強く強調していたことが判ります。例えば武蔵が赤松一族の末裔として白鷺城の天守閣で一族の血におののくシーンなんかは象徴的ですし、般若坂では今までの殺陣では見たこともないリアルな激闘シーンを見せてくれました。 第一作は当時の封切2本立て興行にあわせて約90分で構成されていますので、ここで一区切りつけるしかなかったと思います。ほんとならば第一部と第二部の般若坂の決闘が一緒に封切られていれば更に大変な話題大作になったでしょうね。今度BSでこの映画が放映されますが、編成の都合でしょうか、第一作と第二作が続けて放映されることを知り、成程それもありだなという感想を持ったのです。 沢庵役の三國連太郎は稲垣監督版(三部作)の第一作で又八役をやりましたが、筋肉隆々でとてもひ弱なイメージではありません(笑)。そういう意味でも木村功の又八役は適役です。ちなみに第2作では三國は登場しません。当時の五社協定破りの第一号として東宝を移ったからだそうです。話が更にそれますが、三國連太郎の出演映画はお勧めが多く、もしご興味があれば彼の自伝はお勧め出来ます。映画から興味がどんどん広がっていくのも楽しいと思います。 四作目の一乗谷の決闘では吉岡伝七郎と蓮華王院三十三軒堂で戦いますが、なんと実際のお堂の前で火をたいて決闘する。今だったら撮影許可は下りまい。そんなことにも変に感心させられてしまうのです。 最後に馬鹿シリーズについて触れられていましたが、これは山田洋次監督の初期の傑作群として私も大好きです。知り合いに熱烈な寅さんフアンがいて、全シリーズ見ていると言っていますが、この辺まではさすがに見ていませんでした。お勧めです。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


中村錦之助宮本武蔵
木村功本位田又八
阿部九州男淵川権六
三国連太郎宗彭沢庵
佐々木孝丸池田輝政
江原真二郎吉岡清十郎
河原崎長一郎林吉次郎
南廣祗園藤次
香川良介植田良平
国一太郎横川勘助
竹内満城太郎
堀正夫庄田喜左衛門
黒川弥太郎宝蔵院胤舜
大前鈞大坊主
加藤浩[俳優]山添団八
中村時之介大友伴立
小田部通麿野州川安兵衛
織田政雄木賃宿の親爺
宮口精二竹細工屋喜助
赤木春恵竹細工屋女房
吉田義夫陶器師の翁
尾形伸之介髯面の雲助
名護屋一吉岡の門弟一
有川正治吉岡の門弟二
遠山金次郎吉岡の門弟三
唐沢民賢傷負いの門弟
香住佐久良夫駕籠かき一
大城泰駕籠かき二
五里兵太郎駕籠かき三
利根川弘弥次馬
南方英二武芸者
晴賀俊介死ぬ武芸者
片岡半蔵赤犬の飼い主
鈴木金哉玄関坊
阿波地大輔仲間の牢人
有島竜司牢人一
江木健二牢人二
野間勝良法師一
兼田好三法師二
那須伸太郎騎馬役人

基本情報


タイトル
宮本武蔵 般若坂の決斗

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日
-

ジャンル