レビュー一覧に戻る
危(やば)いことなら銭になる

moo********

5.0

長門裕之は松田翔太に似ている

現在の邦画コメディを見慣れた感覚からすると、そんなに違和感はないかもしれないが、当時ではかなり異端であったであろう、スピーディーなテンポ感です。 特に矢継ぎ早な会話のテンポは現在の目から見ても、軽妙酒脱と言わせる迫力があります。 プロットは確かにその快活奇抜な演出に見合う物とは少し言い難いですが、エースのジョーのコミカルな持ち味や浅丘ルリ嬢のボーイッシュな魅力など、60年代東京の『モダン』を堪能するには申し分ありません。 長らく未DVD化であった今作が再び陽の目を浴びる事となったのは嬉しい限りです。 今回の日活リイシューでこの作品から入る方は少ないかもしれませんが、「狂った果実」「月曜日のユカ」などの中平康作品の『モダン』に魅入られた方はぜひ今作も見てほしい所です。 この調子で「泥だらけの純情」や「光る海」なんかもDVD化してくれませんかねえ。

閲覧数306