ここから本文です

月給泥棒 (1962)

監督
岡本喜八
  • みたいムービー 1
  • みたログ 15

3.67 / 評価:5件

結局、主人公は努力家なんですね。

  • mal***** さん
  • 2010年2月11日 13時01分
  • 閲覧数 226
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

最初に訂正とお詫びを。以前「若い娘たち」のレビューを投稿した際に”本作は岡本喜八監督のデビュー作です”と書いてしまいましたが、正しくは「結婚のすべて」がデビュー作でした。レビューを読んでくださった方々には、間違った情報を与える結果になり、本当に申し訳ありませんでした。これからも間違った情報などには、十分な注意をしますので、これからもレビューを参考にしていただければうれしく思います。心機一転、岡本喜八監督に対してのお詫びも込めて、「月給泥棒」のレビューを書かせてもらいます。もし本作をいま映画化したなら、企業買収などのリアルな問題や、人の我欲も含めて描かれてドロドロした映画になったかもしれません。しかし、本作は主役の宝田明のな動きと語り、そして喜八監督の小気味良いテンポの演出で、スマートなコメディに仕上がっています。あの手この手で外国の要人から、契約を取り繕うとして主人公が奮闘した結果、何も得られずに迎えてしまうクライマックス。ラスト寸前まで結末が予想できなかったので、結構ハラハラさせられました。喜八映画ではおなじみのキャストも多数出演していますが、個人的には敬愛する俳優の一人である宮口精二の存在感を観られてうれしかったです。気軽に楽しめますので、よろしければどうぞ。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • 楽しい
  • ゴージャス
  • かわいい
  • かっこいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ