ここから本文です

陽気な殿様 (1962)

監督
森一生
  • みたいムービー 0
  • みたログ 6

2.00 / 評価:1件

解説

 五味康祐の同名小説を「江戸へ百七十里」の笠原良三(脚本)と森一生(監督)が映画化した明朗快活なコメディ時代劇。出演は市川雷蔵、宇津井健、天知茂など。坪内ミキ子のデビュー作でもある。  男前で腕に覚えあり、下世話にも通じた庶民的な若様の榊原隼之介。年頃の隼之介は家督相続のため江戸を発つが、大工の八五郎と鳶の三次を連れて気ままな旅に出てしまう。いきなり斬りかかってきた浪人の挙手田多門、唐突に横っ面をひっぱたいてきた呑水和尚、埋蔵金のありかを示す絵図面を体に彫り込まれた腰元の八重、そして夫が闇討ちに遭ってしまったゆきなど、様々な人物と巡り会いながら隼之介は旅を続けるのだった。

allcinema ONLINE (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ