社長漫遊記
3.3

/ 16

13%
25%
50%
6%
6%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(6件)


  • bpp********

    3.0

    笑いも社則も現代に通じる

    60年前から年功序列、サービス残業、女のお茶汲み。日本の会社の悪しき風習と解っていたのは驚いた。この映画の社長みたいな人が居たら日本はもっと経済成長してたかもと思ってしまった。まあ映画はほとんど浮気の話なんだけどw 笑えたお気に入りシーンはクラブでの指パッチン喧嘩と天草四郎www リメイクしたらまた受けそうな作品。

  • しおびしきゅう

    5.0

    面白い!!

    『午後のロードショー』で鑑賞! 1963年、56年前の映画である! が、内容は全然古くない?ような気がする! アメリカ視察旅行帰りの社長が、 痔の手術でアメリカ人の血を輸血したから自分の中にはアメリカ人の血が流れているなどと宣い、 すっかりアメリカかぶれになり、 出迎えた奥さんと公衆の面前でキスしようとする! お互いを役職名抜きで名前で呼ぶことにする! 男女平等で実力主義! 女性社員にお茶くみをさせない! でもレディーファースト!! 残業や接待禁止で定時退社! 等等! アメリカ的合理精神を導入しようとする! どうですか?! 21世紀の今でも、少しずつ実現されつつはあるけど、まだまだなことばかりではありませんか!? まあ、喜劇映画でありますから、それらが上手くいく訳がなく、ドタバタな笑いになっていく訳ですが! 森繁久彌がまだ40代の社長役だというんだから、なんだか素敵!? テンポがよくて、あっという間の1時間半でした! 映画って素晴らしい! そいつぁよかった!

  • いやよセブン

    4.0

    快調

    今回は塗料メーカーの社長、欧米の視察から帰ってきてからは、何事もアメリカ流に変えると言い出し、周りは右往左往。 よく笑わせてくれるが、英語と日本語がチャンポンになった打ち合わせと、三木のり平の宴会芸は抱腹もの。

  • qaz********

    4.0

    ひょうきん族でパロデイにした

    この前、買った昔の「オレたちひょうきん族」のDVDの「タケちゃんマン」で「タケちゃんマンの社長まん遊記」として放送されていたのを鑑賞しました。 たけしが森繁社長、さんまが小林圭樹、若原あきら(全く知らない芸人です(笑))が三木のり平、故・太平シローが加藤大介、鶴太郎がフランキー堺、山田邦子が奥さんです。天地真理が姪として登場しています。 内容は元に忠実ながらおふざけの笑いを盛り込んでいます。 途中で天地とマチャアキのものまねのさんまが「涙から明日へ」を歌います。 そして、タケちゃんマンとあみだババアの対決になります。

  • じぇろにも

    3.0

    欧米視察帰り

    若戸大橋の開通式

  • tot********

    3.0

    今観ると、みんな若い・・・

    40作近くあった長寿「社長シリーズ」の第21作。今観ても、馬鹿馬鹿しくもあるが、とても親しみを持って楽しめた。この作品では毎度の森繁社長の浮気失敗は当然なのでしょうが、小林桂樹の恋の行方が気になった。でも出演者みんな若かったなぁ。

1 ページ/1 ページ中