ここから本文です

無宿人別帳 (1963)

監督
井上和男
  • みたいムービー 1
  • みたログ 9

3.78 / 評価:9件

毒にも薬にも…(+_+)

  • yap******** さん
  • 2010年1月7日 4時52分
  • 閲覧数 580
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

(送信ミスで二回消えたので、もはや要点だけで…)


これは、クロサワの「七人」に代表されるようなものを狙った作品で、しょうがない。まぁ、だめっす。(宮口精二なんて七人と同じキャラで出てますが、「そういう役が似合うから」という以外、全く必然性も説得力もない。


まあ、役者もテーマ(脱走)も音楽も悪くない。が時流のプログラムピクチュアといった感じだったのでしょうね…(ある程度の観客は見込めるだろう、と)


監督が「これを撮りたい」と言っての結果がこれなら絶望的だが、「こういう企画でやってくれ」と会社に頼まれたならしょうがないんかな?


深み、説得力、画面から伝わる熱意、鑑賞中の充実感(どうなる?どうする!)が無いですう。(…こ、これは看板だけの映画ですよん(^^ゞ)


佐田啓二はクオリティ高し。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ