レビュー一覧に戻る
サラリーマン無鉄砲一家

bakeneko

5.0

ネタバレ歌い捲くる児玉清(29歳)

加東大介を家長とするサラリーマン一家の騒動記で、人気歌手の恋人との結婚の根回しを家族に画策する次女(浜美枝)を狂言回しにして、高度成長期のサラリーマン社会を一家族に凝縮してゆきます。 当時の東宝スター&TBS俳優勢揃いのコメデイで、加東大介、岸輝子、上原謙、沢村貞子、太刀川寛、当銀長太郎、浜美枝、藤木悠、東郷晴子、金子吉延(7歳)、若林映子、児玉清、松村達雄、一の宮あつ子、田村奈己、白川由美、丘寵児、千石規子…らが、様々な騒動を繰り広げますし、東宝特撮番組からは、西條康彦や大村千吉も顔を出しています。 実際は上原謙の方が歳上なのに加東大介の長男だったり、13歳も年上の東郷晴子が藤木悠の妻だったり…と意表を突いたキャステイングでも驚かせてくれる作品で、白川由美のヘアスタイルやコップにストローをくっ付けて出す喫茶店の様式も当時の風俗を映し出しています。 老実業家の台詞に託して、戦後の風雲期から高度経済成長の安定期に入った日本社会に付いても述べられている作品ですが、自身の恋愛成就の為に八面六臂の活躍を魅せる浜美枝はチャーミングですよ♡ ねたばれ? 「暗殺の森」のステファニア・サンドレッリ&ドミニク・サンダの様に女同士でダンスを踊る―浜美枝&若林映子は本作の4年後に「007は2度死ぬ」で共にボンドガールを演じることになります(当初「007は2度死ぬ」での二人の配役が逆だったことは有名ですよね)。

閲覧数108