レビュー一覧に戻る
人生劇場 飛車角

bakeneko

5.0

ネタバレ殺陣よりも情感重視の任侠映画始動編!

尾崎士郎の長編「人生劇場」の最初に出てくるエピソードの更に脇役だったキャラクター:飛車角こと小山角太郎をスピンオフして独立した物語としたもので、本作のパターンが現在まで綿々と作られる-やくざ映画の原型となっています。 尾崎本人がモデルである“青成瓢吉”が様々な人々と出逢って成長してゆく長編小説「人生劇場」の初期に出てくる飛車角:小山角太郎を主演にした任侠映画で、時代劇を得意とした沢島忠監督が“メロドラマのつもりで撮った”と言うほど、主人公とヒロインの恋に焦点を絞った作劇となっている一方で、出入りの際の殺陣は意識的に様式美を廃した無作為な殺し合いに見せています。 鶴田浩二、佐久間良子、高倉健のそれぞれの当たり役となった作品で、主題歌を大ヒットさせた村田英雄もしっかり芝居をしています。 後にアクション重視となってゆくヤクザ映画の嚆矢としては、活劇場面が少ない&あっさりしていることが特徴ですが、その分大正時代を緻密に再現したドラマパートは充実していて、当事既に侠客という存在が絶滅種だったこともわかりますよ! ねたばれ? 一緒に観ていた相棒の指摘なのですが、“ラストで傷を負いながら単身で敵に向かって進んでゆく主人公の構図”は、「ガメラ3 邪神(イリス)覚醒」のラストで“深手を負いながらギャオスの群れに向かってゆくガメラの構図”と相似形を成しています(鶴田浩二はガメラだったんだ!)。

閲覧数415