レビュー一覧に戻る
人生劇場 飛車角

ine********

5.0

ネタバレ任侠映画のルーツにして異端

この映画の大ヒットを受けて 兄弟仁義や昭和残侠伝に緋牡丹博徒などなど 東映を代表する任侠映画シリーズが産まれて来るのだが この飛車角の物語は原型ながら全く趣が違う やくざ世界に生きる男女の 愛と恋に翻弄され苦悩する物語だったのだ 飛車角と宮川そしておとよ この3人の男女には最初から破滅の影がずっと付き纏う 飛車角も宮川も観てる側からすると絶対選んじゃいけない方を選ぶ 何故なら彼らは侠客だからだ 彼らの行動指針は仁義であり義理であるからそれに基づいた行動しか取れない その彼らの選択をおとよは泣き叫び邪魔をするが届かない それが哀しくて哀しくて 男の物語を観てるつもりだったのに 女のおとよに一番感情移入してしまっている自分に気付くのだ 吉良常の渋く温かい目線や 青成瓢吉の爽やかさが物語に立体感を与えるのに良いアクセントになっている ほんとただの古臭いヤクザ映画だろと気軽に見始めたら何時の間にか目に涙が溜まっていました 本当に良い映画 どうせ古臭い任侠映画でしょ?と言う様な方にこそ観て欲しい名作でした

閲覧数307