わんぱく王子の大蛇(おろち)退治
4.1

/ 14

43%
29%
21%
7%
0%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

作品レビュー(3件)

ファンタジー9.4%かわいい9.4%ゴージャス9.4%コミカル9.4%ロマンチック9.4%

  • man********

    5.0

    かぐや姫の物語13’が☆4としたとき、

    目指すレベルは国立博物館。 製作の中に、考証 蕗谷虹児(フキヤコウジ)の名前が並んでいます。 赤青黄白黒、色使いは日本画の様です。 動きと音が、シネスコの画面に躍動しています。 蕗谷先生の経歴は、少年スサノオに投影されている様に思えます。 本気で夢のプレゼントを贈るつもりで、創ったと感じます。 レストアされたら、また買います。

  • 雪風

    5.0

    スゴすぐる!(・∀・)イイ!!

    親がアニメオタで話は聞いてました。レビューを読んでDVD買いました。 ・・・スゴイ! スゴすぐる! ディズニーアニメですか? 24枚のフルアニメって・・・!Σ(`Д´ )マヂデスカ!?   日本やっぱアニメでは神!( ・`ω・´) 50年近く前のアニメに大感動! 口開いて観てましたお。ヽ(゚∀。)ノウェ きれい! すべてが ふつくしい・・・゚・*:.。..。.:*・゜ヽ( ´∀`)人(´∀` )ノ・゜゚・*:.。..。.:* おすすめの作品です。 あ、井福部さんの音楽(´;ω;`)ブワッものです!

  • tgt********

    5.0

    ジブリ以前の奇跡の傑作。親子で是非!

    実に今から45年も前に作られたアニメーションなのですが、 永遠の古典にして、しかも時代を超えて生き続けることの できる大傑作です。 古事記にある日本神話を、少年スサノオがヤマタノオロチを 退治するまでの冒険物語へと、かなり自由に脚色しており、 まあ、物語の語り口とか、愚直なまでにストレートな物語は 当節のテンポにはそぐわないかも知れないですが、 映画としての完成度が素晴らしい! キャラクターや背景のデザインも絶妙。日本古来の意匠を 活かしながら、なにか一つの洗練の極みに達していて、逆に 今の目で見ればモダンアート的にさえ映ります。キャラクター 商品にしたら大当たりするかもしれない(^^;)。 使用セル枚数が25万枚ということで、(もののけ姫でも14万とか) その動きの見事さたるや、CGアニメ見慣れた昨今では逆に 驚きです。もし、レンタルでも借りて観ようと思っても、 「昔のアニメはなあ…」とかの先入観で二の足を踏む人も、 チャプター先送りでもいいので、 「アメノウズメの踊り」「ヤマタノオロチとの空中戦」だけでも いいので、まず観てください。腰抜かしますよ。 前者は日本映画史上空前の、音楽と画面が調和したミュージカル 風の名場面。後者はもう、演出、アニメーターの技量、音楽が 三位一体となって、何か映画の神様が舞い降りたように奇跡的な、 異様なまでのドライブ感が画面から発散されています。 この熱気というかテンションの高さ、展開の妙は 現代の技術とか何かで再現できるものではないと思います。 今公開しても、古典の境地が逆に全く「古さ」を感じさせず、 大画面栄えするので、大ヒットすると思うのですが…。 また、物語全体に、日本的な精神の基本的な美徳がしっかり 息づいていることも見逃せません。大人が子供のことを思って、 真剣に、魂を込めた映画作りをしているプロフェッショナリズム には感動を覚えます。 初めて観たとき、物語そのものとは別に 映画自体の醸し出す空気の中に、親が子供を見つめる 切ないまでの愛情を感じました。映画そのものとは別の、 なにか深い「感情」が息づいているんですね。 それは、男の子が生まれたことを喜び、 愛情を込めて泣き顔、笑顔を見つめながら、 素晴らしい人生を歩んで欲しいと願う親の目線。 その中に、何か胸を差すような「切なさ」さがある。 この感情はなんだろうな、と思いつつ、ネットで調べてたら、 ある日その理由が分かりました。もし観て気に入った方は、 自分で調べてみてくださいね。多分、さらにこの映画が 特別なものになると思う。 あと、特筆すべきは音楽。ゴジラ映画で有名な 故・伊福部昭氏の作曲なのですが、日本映画に付けられた 音楽では史上最高のものだと思います。メインテーマを 聞けば、日本男児なら血が沸かずにはおれないでしょう(^^;)。 とにかく、日本だからこそ作れた、日本でしか作り 得なかった神懸り的な大傑作。もし映画に国宝認定があると したら、第一号はこの作品しかないと真剣に思います。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
わんぱく王子の大蛇(おろち)退治

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日
-