ここから本文です

第三の影武者 (1963)

監督
井上梅次
  • みたいムービー 0
  • みたログ 4

3.33 / 評価:3件

解説

 南条範夫の同名小説を「新選組始末記」の星川清司が脚色し「暗黒街最後の日」の井上梅次が監督した時代劇。  一国一城の主を夢見る二宮杏之助は、三谷城城主の池本安高と瓜二つなことから、三番目の影武者として召し抱えられる。三ヶ月におよぶ厳しい訓練の末、杏之助は側室小荻と床をともにするまでになっていた。合戦の日、安高が流れ矢により左眼を失い、三人の影武者たちも左眼をつぶすよう命じられる。恐れをなして逃げ出した二番目の影武者は斬殺、残る二人の影武者は左眼を醜くつぶされた。さらに夜討をかけられた安高は右腕を斬り落とされてしまう。杏之助は城主を助け出すが、このままでは自分も右腕を失うことになると気づき、思いあまって安高を手にかけてしまうのだった。

allcinema ONLINE (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ