武士道残酷物語
3.6

/ 19

21%
32%
37%
5%
5%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

作品レビュー(10件)

不気味18.6%絶望的14.0%悲しい11.6%恐怖11.6%不思議7.0%

  • WXYは知ってても、それだけじゃ

    3.0

    滅私奉公

    美化しない忠義

  • bakeneko

    5.0

    ネタバレ馬鹿殿様大行進!

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • Kurosawapapa

    3.0

    今井正監督の名を世界に知らしめた作品

    この映画は、南條範夫の「被虐の系譜、武士道残酷物語」を、鈴木尚之と依田義賢が共同脚色、今井正監督による1963年の作品です。 同年、ベルリン映画祭においてグランプリを受賞。 日本映画史において、ベルリン映画祭でグランプリを受賞したのは、 本作と、この39年後に受賞した「千と千尋の神隠し」のみ。 本作は、君主や国家のために我が身を投げ出す “日本人の精神体系” を描いた作品。 藩主に服従し、あるいは上司に命令され、身を犠牲にするのは、 封建時代から現代に至るまで通じるテーマ。 冒頭、杏子(三田佳子)が病院に運ばれる “現代劇” になっているのは、 本タイトルからは、想像もつかず。 つまり本作は、 “時代劇” と “現代劇” のミックス。 戦国時代から現代に続く、血の繋がった飯倉一族の物語を、七代に渡って描く、 その “設定” が面白い。 ですが、内容はかなり残酷で(描写としての残酷度は低い)、後味は決してよくありません。 ========== *関ヶ原の戦いの後: 浪人の身を拾われた飯倉次郎左衛門は、主君の身代わりとなり切腹。 *元禄時代: 男色家の藩主に寵愛された飯倉久太郎は、側室との仲を妬まれ、無慈悲な懲罰を受けることに。 *江戸後期: 娘を老中に献上させられた飯倉修蔵は、さらに妻も献上せよという下命を受ける。 *明治時代: 飯倉進吾は、精神病の老藩主を誠意をもって面倒を見ていたが、ある日、その藩主がとんでもない行動に、、、 *昭和時代: 戦争で飯倉修は、命令により特攻隊として出撃することに、、、 *現代: 飯倉進は、上役に頼まれ、他社の機密を恋人に盗ませてしまう。 ========== 藩主や上司に尽くし犠牲になることが、あたかも一族の宿命であるかのように、 残虐の系譜を、ダイナミックなシークエンスで描いた本作。 中村錦之助は、全ての主人公として七役をこなし、ブルーリボン賞・主演男優賞を受賞。 他、木村功、東野英治郎、西村晃、佐藤慶、加藤嘉ら、蒼々たるキャスト。 特に、森雅之の男色役、江原真二郎の悪役ぶりは圧巻。 また、男社会の犠牲になりながらも、凛とした様を見せる女優陣には、 丘さとみ、岸田今日子、渡辺美佐子、三田佳子、有馬稲子。 愛する人や、自らの命を、 「有り難き幸せ」と差し出さないといけない、その奇異なる部分。 「己を殺して主君に仕えることこそ、忠節の始め」と、 悔恨の念や、時には反駁をもって忠義を尽くさければいけない、 その理不尽を、本作は訴える。 今井監督が最も表現したかったのは、本作の一部にあった戦争責任だったそう。 多くの命が失われた戦争の責任を考えるには、 人間の内部の問題を追求することが大切だ、という監督の思い。 共存・相反し、線引きすることが非情に難しいテーマ、  “忠義” と “犠牲”  本作は、 日本人の “武士道” “忍従” “滅私奉公” の構造を的確に捉え、テーマを訴えます。 ベルリン映画祭で認められたのも、 それらテーマが、世界の人々の潜在意識の急所を捉えた、 また、その “斬新さ” にあったのかもしれません。 (IMAI:No12/18 )

  • temple

    1.0

    共産党員の「天皇制度廃止」プロパガンダ

    今井正監督は日本共産党の党員だった。今井正監督が日本共産党の主要イデオロギーである天皇制度廃止を主張したのが「武士道残酷物語」だ。 私は子どもの頃、白土三平の「サスケ」をテレビアニメでみたが、「武士道残酷物語」の江戸時代は、「サスケ」の世界に通じる。 日本の江戸時代(封建社会)は生きる楽しみも喜びも何一つない、まさに地獄として描かれている。 もうこれでもか、これでもかと武家社会の残酷さ、残虐さ、悲惨さ、不条理を描き、最後は先の大戦にまで話が及ぶ。 すべての悪の根源は、天皇家にあったと映画は主張する。これが一番いいたかったのだ! 江戸時代が本当にこの映画のような世界ならば、とてもじゃないが270年間も続くはずがない。今井正の江戸時代は、人間社会の許容範囲を超えている。 日本の江戸時代、庶民の識字率は世界最高だったといわれている。庶民の生活水準は、ヨーロッパ以上に高かったともいわれている。(ヨーロッパ貴族と日本の武家の贅沢さは天と地ほどの差があったようだが) 私は歌舞伎や狂言、古典落語に多少通じている。こういうものに接していると、明治以前の日本社会の空気感を理解できる。貧乏長屋でも人情にあふれ、けっこう暮らしやすかったのだ! 「武士道残酷物語」は、日本を共産化するためのプロパガンダ映画だった。自分たちの政治目的を達成するために、わが国の伝統・文化を無惨なまでに貶める卑劣な作品だ。 日本社会および日本の伝統は地獄なので、日本は共産化しなければならないというのが、この映画の主張だった。 この映画、サヨク映画祭として評判の悪いベルリン映画祭で金熊賞を受賞した。たいへん恥さらしなことだった。

  • mas********

    3.0

    中途半端な感じで残る

    婚約者役三田佳子が自殺未遂で入院して、飯倉進役中村銀之助がある日記をまつわる 思いだすところから始まる、七つのエピソードを一人中村銀之助が演じるけど 第2話の役は正直言って無理があるような気がします、殿様役森 雅之と久太郎役中村 銀之助の2人の関係が見ていても役あわない大物役者演じても2人の役者スタイル合わないへたすればコメディなってしまう、第3話では、飯倉正蔵が殿様まえで目かくしして 刀で罪人を切るところはシーンは良かったけど・・ 加藤嘉も役がらも少し不気味だった、カミカゼ特攻隊なってそして現在に戻って 今ひとつなにか残らない、国家や主君のために己を犠牲する強いメッセージ残らない が残念

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


受賞歴

ベルリン国際映画祭第13回

金熊賞

基本情報


タイトル
武士道残酷物語

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日
-

ジャンル