てなもんや三度笠
3.2

/ 10

20%
10%
40%
30%
0%
作品情報上映スケジュールレビュー

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

作品レビュー(5件)

笑える21.7%コミカル21.7%楽しい21.7%かっこいい4.3%勇敢4.3%

  • qaz********

    2.0

    テレビや東宝と比べると・・・

    月曜に渋谷TUTAYAで郵送返却で鑑賞しました。 あのテレビに比べると能天気ぶりやドタバタを減らし人情喜劇に仕立て上げています。それがテレビの視聴者には違和感ががあったでしょう。 東宝はナベプロ中心であのドリフも出ています。

  • すけきよ

    5.0

    映画の情報が少なすぎるヤン!!

    これぞ,笑いあり,涙アリ,活劇ありの超娯楽大活劇,喜劇。 藤田まことと白木みのるとのやり取りの上手さは「芸」の世界が,今と違って,しっかりと残っていることを見事に証明している。 いや,ほんまにおもろいですわ。 天才的「ボケ・突っ込み」ですな。テンポも間合いも言うことなし!! 今の,若手の下らん一発屋芸人も,学ぶべきところが多いと思う。 これを,TVでは当初,生でやりとりしていたのだから,そらぁ凄い。 「あたり前田の・・・・」がいえないところをごまかすのも見所やな。 藤田まことも今や,中村はんのイメージが強いが,若いころは天才的な喜劇役者だったことがよくわかる。 花菱アチャコの清水の次郎長もええなぁ。一見かっこいいのだけれど,何時もの関西弁でもにゃもにゃゆうてしまう。 トニー谷はちょっとひつこいかな。あの人は映画より,生のステージで受ける人ザンス。 平参平は懐かしいなぁ。あまり面白くはないけれど,あの頼りないキャラクターがなんともいえなくほんわかする。 いやぁ,久しぶりに懐かしい笑いで気分がいい。 今の,エンタやバラエティーは「芸」がなさ過ぎ!!! しかし,このヤフーのキャスト表はなんやねん。 少なすぎる!!グーグルの方が詳しいぞ!! 白木みのる シラキミノル (珍念) 大泉滉 オオイズミアキラ (大泉興左衛門) 平参平 タイラサンペイ (三平) 秋田Aスケ アキタエースケ (松) 秋田Bスケ アキタビースケ (竹) 夢路いとし ユメジイトシ (糸四郎) 喜味こいし キミコイシ (鯉四郎) 大村崑 オオムラコン (崑之助) 芦屋小雁 アシヤコガン (雁太郎) 芦屋雁之助 アシヤガンノスケ (雁兵衛) トニー谷 トニータニ (メリケン屋谷吉) 若水ヤエ子 ワカミズヤエコ (カラミ屋お八重) 花菱アチャコ ハナビシアチャコ (清水次郎長) 茶川一郎 チャガワイチロウ (チャカ奴) 坂本スミ子 サカモトスミコ (スミ奴) 鉄砲光三郎 (魚屋光三郎) 熊谷武 クマガイタケシ (市親分) 市川裕二 イチカワユウジ (仁親分) 木島修次郎 キジマシュウジロウ (鹿八) 星十郎 ホシジュウロウ (馬吉) 五里兵太郎 ゴリヘイタロウ (丸親分) 阿部九洲男 アベクスオ (角親分) 伊吹幾太郎 イブキイクタロウ (ズブ源) 高根利夫 タカネトシオ (バラ吉) 結城哲也 ユウキテツヤ (ハゲ六) 西崎みち子 ニシザキミチコ (おみつ) 加藤浩 カトウヒロシ (巨大漢) 赤木春恵 アカギハルエ (お春) 時田一男 トキタカズオ (居酒屋亭主) 香山武彦 カヤマタケヒコ (岩松) 東龍子 アズマリュウコ (おしの) 堺駿二 サカイシュンジ (黒手一角) 中村錦司 ナカムラキンジ (大政) 大井田勝太 (小政) 汐路章 シオジアキラ (八百長) 夢路いとし,喜味こいし,花菱アチャコ,トニー谷,芦屋小雁,芦屋雁ほかお笑い名優が沢山出演ているのに,なんじゃこの中途半端なキャスト一覧は・・・・。 これが一番腹が立ったわ。

  • うえだ ひろし

    5.0

    なんとまぁ、面白い

    子どものころになじんだお笑いの面々やスターたちがどっさり出てきて、しかも歯切れがよく、テンポもよく、なかだれなしに最後まで(レンタルDVDでしたが)一気に見てしまいました。白黒画面が美しく感じられました。トキジロウとチンネンの会話のやり取りがボケつっこみの妙味を含んでいてしかもいやみがなく、聞いていて気持ちよかったです。

  • syu********

    3.0

    この番組が藤田まことの「出世作」となる

    1962年5月6日〜1968年3月31日に朝日放送(ABCテレビ)製作・TBS系で放送されたテレビコメディ番組。東西の人気スターが毎回ゲスト出演した。全国的には当時無名だった藤田まことは、当初は主役というよりもゲスト・コメディアンのドタバタ芸を活かす為の司会者的であったが、有名コメディアンにぶつかっていくことにより、やがて藤田まこと自身が人気コメディアンとなった。上方のお笑いを全国に広めたのも、この番組がはしりだった. やり直しのきかないテレビのエネルギーが映画では出ていなかった。ラストの殺陣、屋台崩しにみられるドタバタは、テレビでの面白さだった。藤田まことの人気が、ゲストより上になった頃から、面白さが衰えていった。、 提供は大阪・堺の前田製菓。「俺がこんなに強いのも、当たり前田のクラッカー」というフレーズが大流行し、前田製菓は全国に知られる菓子メーカーとなった。

  • iir********

    4.0

    懐かしい

    この前、ケーブルTVで見ましたが、なんとも懐かしい。子供のころテレビでステージ版を見ていた記憶がありますが、その映画版でしょうか。今見ても十分コミカルでおもしろいです。笑いのエッセンスが最近のヘタなお笑い番組より全然おもろいのには驚きました。藤田まことさんはイイ男ですね。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
てなもんや三度笠

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日
-