陸軍残虐物語
3.3

/ 12

17%
17%
50%
8%
8%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

作品レビュー(6件)

絶望的28.6%悲しい21.4%不気味14.3%切ない14.3%パニック7.1%

  • kyo********

    2.0

    帝国陸軍を徹底的に悪く描きます

    内務班ものです。野間宏「真空地帯」以来の一ジャンルです。 このようにして戦後、帝国陸軍は徹底して悪いイメージで戦後世代に伝えられました。 登場する極悪人も、結局は陸軍という組織のによって生み出された、 と暗に仄めかされます。 登場人物たちは全て軍隊組織の犠牲者です。 「お前のような奴(上官)がいて、良い兵隊は出来ない。せいぜい人殺しだ!」 と中村かつおが叫びます。 つまり帝国陸軍は人殺しの集団を育成していた、ということです。 たとえば大岡昇平という人がいます。この人も、この映画に出てくる補充兵(召集兵) ですが、軍隊組織の本質を語りつつも、 「このような厳しさ(内務班的な)によって、強い兵隊は生まれるのだ、とも思った」 と冷静な視点も欠いてはいませんでした。 そのような視点はいっさいなく、内務班を殺人集団マシーンの育成組織として描きます。 普遍よりも典型。表現は象徴的です。 日本映画にはこのような戯画的作品が多く、それをもって批評的である という方法が目につきます。 それがその後の日本映画の萎縮、進展性のなさに繋がって今日あるような気もします。 それにしてもスタッフの情熱はどこから来るのでしょう。 相当に軍隊組織に対して怨念がある人たちなのでしょうね。

  • どーもキューブ

    5.0

    ネタバレ現代を照らす日本気質

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • hir********

    4.0

    ***まみれの三国連太郎。

    そー言えば、俺がガキの頃には、まだ「傷痍軍人」って在った。 夜店や縁日ナンカに行くと、そこだけボンヤリ暗くてね。 片手、片足の兵隊のカッコした人がアコーディオンかなんか弾いてる。 それが、もう子供心に怖くてね・・・前を通る度に泣いてた。 今はもう見かけないね・・・ああいう人達。 佐藤監督のデビュー作である、この映画。 やはり「軍隊」のいじめがテーマになっている。 西村晃と、三国連太郎という、怪優同志の演技合戦が凄まじかった。 まぁ、奥崎建三さんみたいな人もいるぐらいだから、 戦時中の軍隊のイジメって、酷かったのかも知れないね。 終戦記念日ももう昨日ですが、 国を想い、家族を想い戦争の犠牲になった人々の為に、 自分なりの「黙とう」を捧げました。

  • aki********

    3.0

    憎むべき体育会系世界。

     「陸軍残虐物語」この題名に恥じない出来事がこれでもかと語られる。表面的な直接的暴力ではなく、ずる賢さ、狡猾さの表現が特に秀逸なのだが戦後になり価値観が180度変わったこともあるだろう。  しかし、この世界は別に軍隊だけに限ったことではなく現代にも立派?に受け継がれている。それは学校、社会で言われているところの「体育会系」と言う言葉なのであるがある意味必要悪とされている節が日本の社会に存在している。その本質はこの映画で語られているのと同じずる賢さ、狡猾さである。  私的なことになるが私が以前在籍していた会社もこの類であり、この映画の中での隊長のようなクソのようなヤツもいた。繰り返し言うが「体育会系」と言う言葉が私は一番きらいだ。

  • syu********

    3.0

    『フルメタルジャケット』の遥か以前に

    スタンリー・キューブリック『フルメタルジャケット』の映画の遥か以前に軍隊内での狂気を描いている。あちらの面白さはその狂気を笑いで表現しているところだが。微笑みデブとジョーカーの関係と本作の犬丸と鈴木の関係がなんとなく似ているのが面白い。 佐藤純彌監督デビュー作.帝国陸軍の知られざる実状を暴く東映戦記路線の第一弾作品。昭和十九年春の陸軍の内地部隊の内務班を舞台に、“絶対服従”の名の下に人間性の喪失を強いられる“兵”の残虐物語が展開する異色大作。 内務班の班長は西村晃(海軍飛行予備学生、末期には特攻隊員)意地悪上等兵に南道郎(明治大学専門部興亜科を経て1944年に学徒動員で陸軍航空士官学校に入学)がいる。 平和時には当たり前に思える「正論」それが通らなくなる戦争と言う狂気。それは、戦争当時は決して口にする事が出来ない類いのものであった。戦後の映画だからこそ、堂々と劇中で主張できた。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


三国連太郎犬丸弥七
中村賀津雄鈴木直吉
江原真二郎矢崎忠義
西村晃亀岡善治
岩崎加根子犬丸の妻 ウメ
大村文武宮島見習士官
加藤嘉犬丸の父 清作
中山昭二品田大尉
沢村貞子犬丸の母 トキ
今井健二大谷伍長
織本順吉臼杵准尉
南道郎押川
亀石征一郎土屋中尉
奈良あけみ品田理枝
玉川伊佐男中原曹長
菅沼正週番司令

基本情報


タイトル
陸軍残虐物語

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日
-

ジャンル