座頭市兇状旅
3.2

/ 22

5%
36%
45%
0%
14%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(6件)

かっこいい23.1%勇敢23.1%楽しい15.4%かわいい7.7%ゴージャス7.7%

  • とし

    3.0

    若い勝新

    2020年7月12日 映画 #座頭市兇状旅 (1963年)鑑賞 #勝新太郎 のことは、パンツの中に大麻が入っていた時のふてぶてしいジジイの時しか印象がなかったけど、この映画では若くてエネルギッシュでギラギラしていてとても魅力的だった 兇状とは、凶悪犯罪の前科持ちのことを指すようです。勉強になった

  • NUG

    1.0

    これは駄作

    人間模様が分かりづらく、市さんの敵対関係も分かりづらい。

  • jig********

    3.0

    国定忠冶とも顔見知りの市。見えないけどね

    どこへ行っても命を狙われる座頭の市さん、 今回は冒頭でなんと相撲を披露。 剣だけじゃなく相撲でも一角の人物とは恐れ入りました。 祭りが催されていた中での相撲大会でしたが、 昔はこの手の催し物ってそこかしこでやっていたんですかね。 ぶらりとやってきた旅人が大会に飛び入り参加で 催し物を盛り上げるなんて現代にはない風情を感じました。 市といえば想いを寄せる女性ということで、 本作では1,2作目で出てきたおたね(万里昌代)さんが 再び登場しまして、 白黒作品の時には見られなかった色気漂う雰囲気が 何やらよかったりもしますが、 堅気の人と一緒になったと思われていた彼女が、 浪人と一緒とは市の周囲の女性もあんまり幸せではなさげ。 時代設定がいつなのかは不明ですが、 国定忠冶も出てきてまして、う~ん誰だっけ?です。 「赤城の山も今宵限り・・」とかの人だっけ? あぁー忘れたわ。 そんなあやふやな記憶しかない国定さんですが、 本作でのからみは「お久しぶりです」とのことで、 二人は顔見知りの様子。 今後のシリーズに関わってくるのかそれとも 単に国定ブームに乗っかったのか・・な? おたねさんが身を寄せた浪人がこれまた強く、 市が負傷したのは初ではないだろうか。 お互い負傷したものの市を怪我させた男はそういないはず。 それともおたねさんとのことで市の剣に曇りがあったのか・・。 その因縁は最後の対決で決着が付きますが、 自慢の仕込み刀が折れる程の対決が見所だと思います。 浪人との徳利(とっくり)を居合いでの斬り合いによる お互いの腕の披露するシーンなど、 シリーズ重ねてさらに見せ方がさらに面白くなったと感じました。

  • aki********

    4.0

    私は、脚本に演出が負けているように思う。

    脚本がドラマ上のピークに持ってきたかった部分、キモの部分である市・おたね・棚倉の(野暮ったく言えば)三角関係の部分がうまく演出できていない。 市とおたねのプラトニックな関係に、棚倉は激しく嫉妬している。 一方で、おたねと棚倉の腐れ縁のような、それはそれで宿命的な関係に棚倉は満足してもいる。 そういう前提があって、棚倉は自分のフィジカル・ラブと、市のプラトニック・ラブを、どっちが上か勝負したい。そういう単純な動機に棚倉の行動は 拠っている。だから、剣の勝負で負けても愛の勝負はオレの勝ちだ、と潔くな い虚言を弄してまでも、言いたくなるのだ。 一方でまさに身を二つに引き裂かれるような、おたねの苦悩。 市の言うように、彼女は身をやつしても純愛の人だ。だからこそ棚倉と市を対決させたくない。すでに市は過去の男であり、ゆがんでいる関係とはいえ、愛している棚倉を市に斬られたくない。そう思って必死に棚倉を押し止めようとする。 ああ、けれどもその気持ちは棚倉に通じないのだ。棚倉は自分なりの愛に賭ければ、市さえも斬れると思っている。最後には自分の愛が勝つと思っている。だからおたねの懇願が、市を守ろうとしているように見えてしまい、おたねは市を助けたいのだろう、と思ってしまう。本当はおたねが棚倉を守ろうとしていることが、わからない。 市は、単純におたねに幸せになってほしい、と思っているだけなのだが、その「薄さ」がおたねにはじれったいし、棚倉には嫉妬を煽る火種。 そういう三者の心のうちが、演出はちゃんと理解していないんじゃないか、と私は思った。「愛の勝負」というキメドコロがはずされてしまっているようで、不満。要するに脚本=メロドラマ、演出=アクションという齟齬が発生し、それが解決しないまま、終わってしまう。これではおたねが出てきた意味がない。 生娘と熟女のダブルヒロインというパターンは、これ以降のシリーズ作にも多いのだが、かつての生娘がすさんだ女になって再登場という展開は、これが唯一。

  • iko********

    4.0

    ザ・座頭市⑦~男はつらいよ

    ”旅”シリーズの一本?(他に喧嘩旅、血笑旅など)です。 今回、市は若い二人(ヤクザ2代目と初々しい高田美和)の恋のキューピッドです。 もちろん市本人も、悲しい恋物語があります。 最強?の侍との対決・・仕込み杖を真っ二つにされた市は・・そうきたか。 この後観た「あばれ凧」とゴッチャになってしまった。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


勝新太郎座頭市
万里昌代おたね
成田純一郎下仁田佐吉
小林勝彦文珠の喜助
北城寿太郎棚倉蛾十郎
名和宏国定忠治
松居茂美小幡屋島蔵

基本情報


タイトル
座頭市兇状旅

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日
-

ジャンル