ここから本文です

虎の子作戦 (1963)

監督
柳瀬観
  • みたいムービー 0
  • みたログ 1

3.00 / 評価:2件

そっ そのテーマ曲は!

  • bakeneko さん
  • 2020年10月7日 19時28分
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

1963.4.15~1964.3.2までTV放映された型破りの5人の刑事の活躍譚の日活劇場版(映画は11月公開)で、行方不明になった刑事の消息を調べるために港町に潜入した刑事たちの劇画チックな活躍が炸裂します。

全編沼津ロケの作品で、1963年当時の風景がフィルムに収められている点でも懐かしい映画ですが、テーマ曲は前年に封切られた「史上最大の作戦」をパクっていますし、組織の会議椅子での処刑は同年に公開された「007 ロシアより愛をこめて(危機一発)」を即座に盗用しているなど、TV感覚の緩い著作権への姿勢も観ることが出来ます♡

TVシリーズと映画版では配役が違っていてー
一発の旦那:若原雅夫→宍戸錠
シャネル(うどん):天知茂→小高雄二
忍術:高松英郎→桂小金治
パラボラ:市川小金吾→山田吾一
三段(六段):河上一夫→垂水悟郎
部長:北村英三→殿山泰司
となっています。
また、まんまネオナチの悪の組織のボスを上田吉二郎が怪演していますし、部下に、阿部徹&郷えい治と悪顔が揃い踏みとなっています(宍戸と郷は兄弟共演ですね)。
ヒロインは笹森礼子♡で本映画で只一人真面目なお芝居をしています
あまり真面目に目くじらを立てるのも大人げないー派茶目茶な捜査活劇で、ラストの大乱闘は、「グレートレース」のパクリかと思ったらこちらが先だということには驚かされました♡

ねたばれ?
本作にも“ワカ末”のCMが!(「事件記者」シリーズ、「散弾銃の男」などこの頃の日活の劇中での露骨なCM作劇ってTVみたいだな~)

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • 楽しい
  • ファンタジー
  • ゴージャス
  • ロマンチック
  • 不思議
  • パニック
  • 不気味
  • 勇敢
  • 切ない
  • セクシー
  • かわいい
  • かっこいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ