ここから本文です

にっぽん昆虫記 (1963)

監督
今村昌平
  • みたいムービー 40
  • みたログ 127

4.14 / 評価:49件

メチャクチャつまらなかった!

  • takamath さん
  • 2020年8月14日 22時09分
  • 閲覧数 699
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

今村昌平の最高傑作、キネマ旬報年間ベストワン、ベルリン国際映画祭最優秀主演女優賞などなど、期待値マックスだったのが原因だからか、スゴくつまらなかった。

砂の女、生きるとか、古い邦画は嫌いじゃないが、コレはあまりにもフィットしなかった。
こういうのを外すと、2時間ムダにしてしまったと後悔して、気落ちする。
昨年も新文芸坐で上映してたし、国立映画アーカイブでも上映してたので、いつかどこかでまた観れるだろうと思い、映画館で観れるのを待っていたが、テレビで観たら絶対途中で観なくなってるレベル。

封切り当時はフレッシュだったのだろうが、価値観や演出があまりにも古く、ユーモアのセンスなど全く理解できなかった。
まあ、自分が生まれた十数年前の作品だから、と自己慰問するしかない。

殿山泰司と高品格の若い頃が観れたから、よしとしよう。

20200814 新文芸坐

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ