ここから本文です

女の歴史 (1963)

監督
成瀬巳喜男
  • みたいムービー 4
  • みたログ 33

3.78 / 評価:9件

解説

 笠原良三のオリジナル脚本を成瀬巳喜男が監督したドラマ。笠原はモーパッサンの『女の一生』をヒントにシナリオを書き上げたという。  信子は材木問屋の長男である清水幸一と結婚、翌年に功平という男の子を出産した。召集令状を受け取った夫は、信子と六歳になった功平を残し戦地に赴き、そのまま帰らぬ人となった。信子は米を運ぶ仕事に従事するが、収入が少なく貧乏生活を送らざるを得ない。その後、信子は東京近郊で美容院を経営するようになった。功平は車のセールスマンとして働いていたが、信子の反対を押し切りキャバレーの女みどりと結婚した。しかし功平は自動車事故で亡くなってしまう。信子とみどり、そしてみどりのお腹の中の子供との生活が始まった。

allcinema ONLINE (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ