ここから本文です

関東無宿 (1963)

監督
鈴木清順
  • みたいムービー 3
  • みたログ 50

3.79 / 評価:19件

清順映画としては一歩落ちる印象

  • おーるどぼーい さん
  • 2008年4月29日 0時18分
  • 閲覧数 288
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

小林旭主演の仁侠映画。伊豆組幹部・鶴田光雄(小林旭)は、仁義を重んじる昔気質の男だが、最後にはその性格が災いし刑務所送りとなる。

普通の任侠映画のような討ち入りシーンの爽快感はなく、後味は悪い。これは鈴木清順の虚無的気質が反映さているのだろう。

ヤクザの硬派な世界と女子高生のPOPさの奇妙な融合(仁侠映画だと思ったら、オープニングから女子高生の会話で始まりびっくり)や、鮮やかな映像美(例1・光雄に切られたチンピラが障子を倒すとその向こうは一面の朱色、例2・左右に揺れる電球に合わせて明暗に分かれる画面)は、さすがの清順美学である。

ただストーリーが最後の方まで平坦なのと、小林旭にヤクザの凄みがイマイチ欠けているのが災いし、清順映画としては一歩落ちる印象。同じ年(1963年)の作品なら、「野獣の青春」(宍戸錠主演)の方がずっと面白い気がする。

「おかる八」役の伊藤雄之助は存在感あり。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 切ない
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ