レビュー一覧に戻る
お姐ちゃん三代記

bakeneko

5.0

ネタバレ3X3+3+1(美人が10人も!)

お姐ちゃんシリーズの最終作で,先輩格のマダムトリオ(越路吹雪,草笛光子,扇千景)と後輩格のスリーチャッピーズ(中川ゆき,南弘子,桜井浩子),更に中華3名花(張燕, 陣小平,那詠慧)とヒロイン:藤山陽子まで賑やかに出てくる作品で,歌と踊り満載のセミミュージカルの愉しさも味わえます。 あまりに登場女優が多くなったので,その分いつもの3人は影が薄くなっていますが,ハンサムゴルファーを核とした“恋の鞘当て”コメディがいつもの様に繰り広げられます。マダムトリオは流石の貫禄で,特に越路吹雪は劇中で歌を2曲も聴かせてくれますし,ウルトラシリーズで人気沸騰前の桜井浩子さん(17歳)は抜群の可愛らしさであります。東京オリンピック前の成長期の日本の国際化や明るい未来への期待感も感じられる最終作となっていて,団令子&中島そのみ&重山規子のトリオの見納め映画ですが,その後の3人の大活躍を考えると湿っぽくはなりません。 明朗シリーズの陽気なエンディング作品で,様々に設定や作劇を変えてマンネリをかわした“お姐ちゃん”シリーズは,“高度成長期日本の3人娘”連作として愉しめる作品群となっています。 ねたばれ? 当時は化学調味料(味の素)全盛期でもありました(何の料理にでもかけていたなあ)。

閲覧数274