ここから本文です

宮本武蔵 一乗寺の決斗 (1964)

監督
内田吐夢
  • みたいムービー 7
  • みたログ 108

4.05 / 評価:37件

解説

 吉川英治の同名長編小説を、鈴木尚也と内田吐夢が脚色し、内田が監督した大型時代劇。中村錦之助主演によるシリーズ五部作の第四部で、吉岡清十郎の失踪から一乗寺での血みどろの決闘までが描かれる。  般若坂で宮本武蔵に左肩を砕かれた吉岡清十郎は、弟の伝七郎に家督を譲り失踪。伝七郎は門弟たちに武蔵の居所を探るよう指示を出す。本阿弥光悦に誘われ遊郭へ向かう途中、武蔵は伝七郎からの果たし状を受け取った。吉野太夫を招き入れた宴席を抜け出した武蔵は、雪の三十三間堂で伝七郎をなぎ倒し、そのまま遊郭に戻っていった。翌朝、吉岡一門に取り囲まれた武蔵のもとに佐々木小次郎が現れ、明後日の朝に決闘することを提案する。そして決闘当日、敵の数は七十を超えていたが、こちらは武蔵ただ一人のみ。果たして武蔵に勝機はあるのか。

allcinema ONLINE (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ