レビュー一覧に戻る
ミスター・ジャイアンツ 勝利の旗

mal********

2.0

昔の巨人ファンのための映画です。

1964年に公開されたジャイアンツ・ファンのためだけに作られたような映画です。 公開当時の日本国民の娯楽といえば〈野球〉=〈ジャイアンツ〉という図式が当然のように展開される本作は、これまた国民的ヒーローだった長嶋茂雄を主人公に、そして当時のスター選手(もちろんジャイアンツを中心にしてますが)が大挙出演&演技&歌声まで披露しております。 また、東宝の看板俳優ともいうべきキャストが顔をそろえ、何とも豪華な映像を楽しめます。 ただ、長嶋ファンの子供の死や野球選手の夢をあきらめ不良になった少年のエピソードなどは添え物的に描かれ、映画としてのまとまりはほとんどありません。 あくまでも日本中が野球に、いやジャイアンツに熱狂していたことを伝えるだけの映画を作りたかったみたいですが、これを面白くないと捉えるいわゆるアンチ・ジャイアンツが未だに多いのも、なんとなくうなずける映画だと思います。

閲覧数662