月曜日のユカ
3.7

/ 80

25%
35%
30%
6%
4%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(27件)


  • kin********

    3.0

    ネタバレ加賀まりこを観る一本

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • yrh********

    4.0

    おしゃれでポップな裏に、敗戦の暗い影

    Amazon Primeで鑑賞。噂通り、加賀まりこが異常にかわいい。おしゃれでポップで、もろヌーベルバーグ。 ただ、話を追っていくと暗い世情を反映した話でもある。ユカは無邪気で奔放といえば聞こえはいいけれど、「ちょっと頭が弱いのかも」という風にも見えた。なぜ月曜日なのか。パパさんにとって日曜は家族サービスの日であり、愛人稼業のユカには決して与えられない日だから。じゃ私は月曜でいいわ、というわけ。 男を喜ばせることが使命と信じて疑わないユカ。この若さでなぜこんなに認知が歪んだかと言えば、彼女の母親が米兵相手の所謂パンパンだったからだ。母の商売を見てしまい、キスにトラウマを持つユカ。どんなにおしゃれでポップだろうが、敗戦が暗い影を落とす。 和製バルドーなんて言われていたものの、このユカにはバルドーが持つ強さを感じない。男の愛に縋ることしか生きる術を持たない彼女には、傷ましさを感じてしまった。 一途に求めたのに、思うような愛をくれない男を罰した彼女は町に消えていく。彼女のその後はどうなったのだろう。横浜メリーさんを想起してしまう。 ごく若い中尾彬の一本気な少年ぽさがなかなか良かった。

  • きうちん

    3.0

    ネタバレ加賀まりこカワイイ

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • ver********

    4.0

    マリコ様 IN 1964 (21歳の頃)

    当時21歳の頃から「エリカ様」だった「マリコ様」らしく「和製カトリーヌ・スパーク」が入っていた「ツンデレ演技」には、「君に胸キュン!」になっても、「仕方ない!~ある意味こんな小娘にでも、男の性(さが)が、奮い立つキャラクター」は、「素直な悪女」の「日本版」と言えるかもしれない。 加藤武(パパ)が、受けた「酬い」にしても、「意味のある報復」が、「大袈裟でない」演出は、「埠頭に佇むマリコ様のウンチングスタイルのセクシーな、フェロモン(フロントショット)」で、観るオッサン(自分)に、「街中に溶け込んでいくバックショットのトラベリングカメラワーク」が、「ミケランジェロ・アントニオーニ」の「太陽はひとりぼっち」の「デジャブー」に観えて、「あの時代の邦画」にも、「イタリア・フランスの青春恋愛映画」に「負けていない実力」を、持ち合わせていた事を、感じさせられた「60年代のポップカルチャーな映画」だった。 ※マリコ様(ユカ)のかーちゃんは、「横浜(ハマ)のマリーさん」が、モデルかな?

  • じぇろにも

    3.0

    ネタバレ横浜港

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • qaz********

    2.0

    ただただ不気味

    月曜に渋谷TUTAYAでレンタルしました。冒頭からクライマックス直前までは喜劇ですが、ラストになると不気味になります。 なぜ、これが推薦されるのか理解不能です!

  • いやよセブン

    4.0

    加賀まりこの独壇場

    ユカ(加賀まりこ)は横浜でホステスをしているが、パトロン(加藤武)がいて、生活の面倒を見てもらっている。 セックスに抵抗はないが、キスだけは誰にもさせない。 とても優しくて尽くすタイプだが、どこかずれているのが不気味。 加賀まりこの可愛さは尋常ではなく、同じ人間かと思うくらいずば抜けている。 昭和モダニズムあふれる作品。

  • kah********

    2.0

    ヌーベルバーグ逆輸入

    わずかでもヌーベルバーグに影響を与えた中平康が そのヌーベルバーグの影響を受けて作られたと思われる作品 加賀まり子というパーツを活かして 『洒落たフランス映画に似たような映画を撮ってみました』 『どう?センスいいでしょ』といった感じだ 大島たちのヌーベルバーグとは 少し違うアプローチのような気がする とくに心に響くこともなく 共感もしない 男から見た女 でも、違うでしょう あくまでも 男が作った憧れの女を描いた作品 女が観たら 男の前では「可愛いね、キュートだね」と云うけど 腹の中で女は笑うと思う

  • じゃむとまるこ

    4.0

    21歳の加賀まりこにキュン死

    この加賀まりこさんを観ないでどうする。。。。可愛い、可愛すぎる、今の女優さんでこんなに個性的で可愛い女がいるだろうか。 キュン死などという今の言葉は使いたくないが、超絶可愛い。 Gyao!動画で人気のよう、めったに観られない映像なので、超絶おすすめしたい、ということでレビューしました。 モノクロのスタイリッシュな技巧的映像、明らかにヌーヴェルヴァーグの影響を受けている洗練されたタッチ。1961年と言えばフランスではトリュフォーの「突然炎のごとく」ゴダールの「女は女である」などが制作された年、ゴダールはこの作品でベルリン金の熊賞を受賞。芸術家肌の監督なら影響を受けるのは当然であるし、結果として本作は彼らヌーヴェルヴァーグの作家たちに絶賛されたらしい。 1964年制作、俊英、中平康監督30歳代後半、芸術的野心に満ちた時代の作品だろう。 中平康監督は、映画は視覚芸術ととらえていたようである。 題材として「何を描くか」ではなく「どのように描くか」という、スタイルとテクニックで見せる演出の作家らしい、そういった面で妥協を許さない方だったらしく、本作でもその芸術性と時代の先取りが感じられる、シャープで、スピーディな演出であると思う。 単にキュン死の可愛い加賀まり子さんを観るだけの映画ではないが、彼女の魅力があっての映画なのは間違いない。 舞台は横浜、もちろん横浜にしかこんな女はいない。 キュートで可愛く・・・・誰とでも寝る、早い話が娼婦だ、しかしユカに罪悪感などみじんもない。 日曜日は教会に行くクリスチャンでもある、そして男を喜ばせるのが使命だと感じている天使のような女。 中年のパトロンがいて、パパを喜ばせてあげたい、パパのためなら何でもしてあげたい。 でも若い恋人(これがデビュー作の中尾彬)もいて、自分を愛してくれる。 かつて去って行った恋人も、自分の愛が足りなかったから、まさに奉仕の精神だ、恋人とも結婚資金欲しさにパパの仕事相手の男とも寝る、何の不思議も感じていない、ピントのずれたピュアな心の娼婦。 母も昔はパンパンだった、私生児のユカ、そのずれた考えは母の影響そのもの。 そんなユカを取り巻く男は当然ながら振り回されることになり不幸な結果に。 でもユカは無意識に気が付く、それが残酷なラストの出来事へと繋がってゆく。 それでもユカは変わらないだろう、横浜のナイトクラブ”サンフランシスコ”で踊る天使。 ヌーヴェルヴァーグの不条理を感じさせるストーリー、モノクロの斬新な映像、新人中尾彬の勢いのある演技、北林谷栄の説得力のある演技、見所はたくさんある。 それでもこの映画は加賀まりこあってこその映画だろう。 超絶可愛い、そして現在現実の加賀まりこさんは本作ユカのイメージを少しも壊していないところもステキだ。 和製ブリジット・バルドーと言われたこともある彼女、バルドーと同じく娼婦の役でも育ちの良さが表れている、そこが魅力のポイントなのだろう。 イメージワードには”知的”にチェュクを入れよう、中平監督の知性とセンスが伝わってくる映画だ。

  • o9t********

    5.0

    日本の切り札

    私は『60年代かわいこちゃん映画好き』イコール、「ミニスカートをはいた男を翻弄する小悪魔が好き」なのだ。 そういうのって、欧米諸国、特にフランスのお家芸と思うでしょう。 確かにフランスでは多い。ゴダールとかヴァディムとかが得意なジャンルでもあったし。 アンナ・カリーナやブリジット・バルドーやジェーン・バーキン、カトリーヌ・スパーク、マリアンヌ・フェイスフル… その伸びやかな肢体をスクリーンでしなやかにくねらせる彼女たちの魅力的なことと言ったら! 敗戦国じゃなくても、ヘンなコンプレックスを持たざるを得ない。 でも!ここ日本でも欧米人に負けない小悪魔が存在した! それが、加賀まりこ。 和製BBといわれたこのコケティッシュさ、 これにノックアウトされないヤツなんて嘘だぜ。

  • yad********

    4.0

    日曜がダメなら・・・月曜日♪

    最初から最後まで、“加賀まり子”の映画でしたね♪ オープニングのあの、男の掌丁度に収まりが良さそうな 小さく、まあるい肩・・・ キュッと尖った顎、ふっくらとした唇のすぐ隣に、この肩。 そして、どうやらピロートークっぽい・・・こりゃタマランっす(悶々) わたくしはガッチリ、絡み捕られてしまいました(笑) ヌーベルバーグの実験的な映像の技法を真似たからか、 遊び心に裏打ちされた奇抜な演出が多い。。。 結構な長回しなのに、緊張感の無いユルさ加減、 カメラ目線での早口で長い台詞の発作的演出、 唐突に始まる無声映画の大袈裟な演技と絵、 不自然で無意味なストップ・モーションや、コマ落ち、 カメラのフレーム内で、奇妙な場所へ人物を配置する構図、 などなど・・・最初は鼻に付いてうっとおしかったけど、 途中からどうでも良くなったのは・・・ ユカがあまりに可愛いから(笑) ありえない彼女のキャラクターに説得力を持たす為の、 不自然さだったのかもしれませんね。。。 あんな無茶苦茶な映像がアリなら、ユカのキャラクターもアリだと 無理やり言い張っている様でした(笑) そもそも、何か意味有り気を気取ってるけど、結局遊んだだけ・・・ みたいな(笑) 18歳の役でしたが、この時の加賀まり子は20歳前後? 小悪魔ぶりが堂に入ってますな。 本当、自分を可愛く、妖しく、美しく、魅(見)せる方法を知っています。 男にとって、あの、あまりにキュートな唇にKISSしてはいけないって・・・ムゴイっす(涙) その理由がまた切ないです。。。 あのファッションだって、彼女だから一層輝きますね。 しかし、穴空きのワンピース姿の時、インナーを着てないのはやり過ぎだったような。。。 逆光で下着が透けているのは下品に思いました。。。 岸壁で無邪気にダンス・・・に続いての驚愕のラスト・・・ あのシーンが一番可愛いのだからタマラナイ・・・ 彼女は将来、良いファム・ファタールになるんじゃないかな(笑)

  • mil********

    4.0

    ネタバレ光と闇のコントラスト

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • tak********

    5.0

    また「昔は良かった」・・・

    加賀まりこのアップの長セリフと長まわし。絶品でした。 素晴らしい演出と加賀の魅力は、当時の日本映画の底力を 充分感じさせてくれます。 「告白」の中島監督は主演は松たか子しか考えていなかっ たとのことだけど(社交辞令?)この映画は正にこれしか ないキャストでは・・・。

  • yuk********

    5.0

    ラストがお見事!

    加賀まりこの妖艶な姿が堪能できます 最高にキュートでセクシーです!思わず「かわいい」と口走ってしまいます 完全に日本人離れしてますね、まさに小悪魔 仕草一つ一つが可愛らしくてお洒落 彼女の魅力を最大限に引き出そうとする監督の演出も見所。ハイコントラストの映像の中に彼女の美しい裸体が映えます。そして、アップの入れ所とかも上手い!様々な角度から、一人の女性の魅力を多面的に描き出しています。小道具も音楽も映像も洒落てます。横浜の街の景観も美しく、日本に見えない。フランスのどこかのよう 一見悪ふざけに見える斬新な演出は、ヌーベルバーグ映画を想起させます。かといってやりすぎた感はなく、むしろ心地よく楽しませていただきました。随所随所に見え隠れする遊び心もまた可愛らしい。テンポもいいです そして、何よりラストがお見事!アメリカ人にそれまで禁じてきたキスをされたユカが、パパを・・・・あっっ~!!という凄まじいラストになってます。 これがかなり爽快でありながらも、実は結構怖い・・・。まだあどけなさを残した加賀まりこだからこそ怖さ倍増です。ハイヒールの靴音を軽快に弾ませ、横浜の街へ消えていくユカの後姿にはどこか脱皮したような、そんな迫力に満ちていました どこまでもスタイリッシュに、そしてクールにセクシーに。アダルトな魅力いっぱいの作品です。いい意味で「邦画」らしくない邦画を観ました。市川崑監督の「黒い十人の女」に少し似てるかも?

  • bon********

    4.0

    中平康監督、1964年作品

    ざっと50年前の映画とは思えなかった。 洒落ていて、テンポがよく、ヨコハマの町を舞台に軽快感がよく出ている。 映画は娯楽であって気楽に見るもの。 そんな言葉が浮かぶ。 テーマであるとか、問いかけるものは無いけれど楽しく見れる映画だ。 …感動や社会性を求める人には、不向きだが。 まあ、こういう監督がいたんだな。 調べたら、川島雄三に師事したそうだ。 ナルホド、納得! 平山三紀の『ビューティフル・ヨコハマ』(1971年)の世界観にも重なると思った。 加賀まりこが十分にカワイイ、だけで観ても価値はある。

  • woo********

    3.0

    お相手の少年は中尾彬クン(笑)

    映像得点に、この映画の宣伝が 入っているんだけど、うっわー 加賀まりこに関しては、まったく変わってないと いっていいくらいそのまんまだ~。 口元が可愛いね。 すごい、自分の可愛い見せ方をよく勉強している! ファッション、髪型、顔、しぐさ 超モダンガール! 18歳のユカ、横浜のクラブで売れっ子のホステス。 パトロンは、会社社長。 ユカはその人をパパと呼ぶ。 ほほー、こういう頃から、来ているんだ? そういう相手を「パパ」と呼ぶのは! 何が可愛いって ユカがパパにお人形を買ってもらう理由は 「パパがユカにお人形を買ってあげて プレゼントすることが、パパは嬉しいから」 なんちゅう、自分大好きな女の子ですかぁ! 自信に満ち溢れてる。 だから、すごく素敵。 純粋すぎて、かわいい・・・ ユカは子供の頃から 「キス」は大変悪いことと教わってきた。 どんな男に体は預けても キスだけは絶対にしない。 そんなユカが始めて許した 「お相手の少年、中尾彬クン」 少年だって! ほんと、少年だよ! 宣伝PVのナレーションで 言われなかったら、絶対わからなかった。 なんせ、そんでもって 場所はヨコハマ 外国人チラホラ 港、 山手町 教会 氷川丸って もう、すごくハイカラなんだから! 加賀まりこさんタイプで 昔のヨコハマの風景を堪能したい人は是非!

  • pin********

    5.0

    ネタバレONLY ON MONDAYS

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • mas********

    5.0

    斬新なカメラワークが優秀センスがある

    ユカ役加賀まり子のアップに映る表情が何とも味がある 小顔でセンスあるファション が何とも魅力的でした 時代を感じないセンスがある作品カメラワークが斬新で個性的 この頃の日本映画は何とも魅力のある作品がいくつもある 女優加賀まり子は妖精的で邦画版のオードリへップバーンみたいな魅力的 アップに映る表情で一人で語り、牛乳をゴクゴク飲んで、何もないがどこか涼しいような 表情と新聞を読んでもなくタバコの煙で新聞をジュウ~焼きその穴からゴキブリが出てくるカメラワークが見事です また警察に捕まりドタバタ劇やタクシーのタイヤがパンク して通りかかったお相撲が早送りのシーンはサイレント映画のオーマジュで見ていても ユニークです この作品で注目なのはガールフレンド役中尾 彬が若き頃の時代で まだ太っていなく痩せていた頃で地味な顔でけしてハンサムでもない 始まるエンテングもセンスがあります ラストで横浜の港で2人でダンスをするところ でのカメラワークもセンスがある 暗く落ち込んだ表情の加賀まり子も綺麗な顔しています 初めて見た作品でしたがとっても作りが良い作品です 日活記念で発売されたDVD が今手ごろな値段で売っていたので思わず買ってしまいました買って得した気分です!! 女優加賀まり子の魅力がある作品です

  • まるたん

    3.0

    ヨコハマ・加賀まりこ・中平康

    17歳の時に、通学中の神楽坂で篠田正浩と寺山修司にスカウトされて、いきなり「涙を獅子のたて髪に」で主演となった加賀まりこ。 神田の生まれで映画プロデューサーを父に持つ彼女は、中学生の頃から青山のボーリング場にたまり、銀座ACBの常連ともなっていた都会の不良少女だった。 都会のコケティッシュな不良少女は、いきなりこの作品の主演で脚光を浴び、翔けあがるようにスターダムのステップをのぼる。 デビュー作の舞台はヨコハマ。篠田正浩と再び「乾いた花」組むことになる作品は1964年の佳作「乾いた花」。 その同年に中平康と同じヨコハマを舞台にこの作品が撮られる。 確かに加賀まりこには60年代のヨコハマがよく似合う。 中平康もヨコハマを舞台に使うことが好きだったようだ。 本作「月曜日のユカ」のほかにも、「砂の上の植物群」では山下公園とマリンタワーが重要な舞台。「泥だらけの純情」ではヒロイン吉永小百合はヨコハマ山手の育ち。 「混血児リカ」も港ヨコハマが舞台。他にもまだある。 この映画では、山下港の赤灯台(横浜北水堤)の加賀のラブシーンがある。 ふたりがからみあう赤灯台の堤防がロングショットで横切る巨大な貨物船とともに重ねられるシーンである。 中平の作品はスピーディーでおしゃれで、セリフまわしのテンポや音感やリズムや構図がたいへんスマートさが売りである。このロングショットなどは典型的な中平スタイルだ。 本作、「月曜日のユカ」は、当時の自分のありのままと本人がいうくらいだった加賀の役柄のはまりっぷり、と中平のソフィスティケイトされた映画スタイルがうまくフィットした作品といえるだろう。 加賀まりこは、女優としての歩みをこの後に本格化していくが、自分にとっては、初々しさの中につつみこまれた素のままに近いこの時代の作品が愛おしい。 この作品の加賀まりこの髪型(撮影所の美容師ではできないために、自分で苦労してセットしたというエピソードがある)や、知り合いの男に連れられたバーで踊るシーンの自然さなどは、まさにこの人ならではなのだろう。 秀逸なタイトルバックにまとめられた加賀のランジェリーが、なぜ黒なんだろうかという疑問は、この物語の伏線として理解していいのだろう。例によって、意地の悪くて得たいの知れない悲劇が待ち構えているのは、やはり中平ならではの仕掛け。 ただし、中平の本当の持ち味はこういう作品にはないような気がしてならない。そういう意味ではやや微妙なところも残らざるを得ない作品である。

  • nam********

    5.0

    加賀まりこさんの魅力満載 長編PV

    国際都市ヨコハマを舞台に、男を喜ばせることだけが人生の生き甲斐という一人の女性の昼と夜を得意なタッチで描きつくす異色作。(1964年公開当時の宣伝プレスより) 主演は20歳くらいの加賀まりこさん。これが今見ても文句なしにカワイイ! 当時は和製ブリジット・バルドーとか小悪魔、小妖精なんて呼ばれてたそうですね。 これはもう加賀まりこさんを観るための長編PVと言えるくらいの魅力満載です。 大変失礼な言い方ですが、僕らの世代ではデフォルトで辛口おばさんのイメージ。 役者をやってる姿となるとTVの2時間ドラマとか、ちょっと前にやってた「花より男子」くらいかな… それがこの映画の中ではビックリするほどカワイイお姿を惜しげもなく披露。 その上ファッションやヘアスタイル、小物、音楽までがモダンでスタイリッシュ!。 よく言われる「日本映画が華やかだった時代」。それがいつなのかは良く分かりませんが、 当時の日本にこんな世界観があったなんて驚きです。 ファッションや雑貨のレトロブームも長く続いてますし 映画の中のポップな60'Sファッションはそのまま現在のレトロ雑貨屋さんに溶け込めます。 (「ポップチューン東京」とかその手のテイストが好きな方は絶対気に入るはず!) 「日活映画」という響きからはおよそ想像もつかないこの映画。 ストーリーもさすがにしっかりしていて、特に後半の展開は必見。 演出もコミカルな早回しがあったり色々凝ってますし、 音楽もセンス良い選曲で効果的に使われてます。 あ、画面はモノクロです。 相手役が若き日の中尾 彬(ネジネジおじさん)だったり、 脚本に倉本 総(ドラマ「北の国から」の監督さん)の名前があったりというのもポイントかな。 色んな意味で昔の日本映画の凄さを垣間見れる、若い世代必見の昭和ムービーです! ちなみに パトロン・・・女性に月々のお手当てを渡したり開業資金を提供したりする男性のこと(多くの場合、愛人関係にあり年齢差がある)。だそうです。(byうぃきぺでぃあ)

1 ページ/2 ページ中