ここから本文です

車夫遊侠伝 喧嘩辰 (1964)

監督
加藤泰
  • みたいムービー 0
  • みたログ 19

3.57 / 評価:7件

スクリューボールなやくざ映画

  • 文字読み さん
  • 2009年1月11日 14時14分
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

1964年。加藤泰監督。やくざ映画でありながら、夫婦げんかのドタバタコメディ(スクリューボール・コメディ)の伝統をも取り入れた、一風変わった映画です。明治時代の車夫がやくざ組織と対抗しながら個人的な仁義でやり抜く話。組織対個人というドラマの黄金律にも沿っています。

引き伸ばされた結婚の間に、金と恋をめぐって同じ境遇にあるカップル(若い藤純子と河原崎長一郎)の様子や、個人主義でやりぬくという意味で同じ境遇にある敵役の男の様子など、「似たようで違う」人々が描かれることで、主人公たちの結婚の意味が考察されています。やくざ映画なのに報復を否定するところがすごい。

コメディでありつつ美しい構図も満載であり、ドラマとしてもよくできている、あなどれない映画です。北島三郎も若い!

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ