レビュー一覧に戻る
ああ爆弾

mal********

4.0

簡潔な結末、だから面白い。

やくざの親分が服役中に組を乗っ取った市会議員候補者暗殺計画を描いた映画です。しかし、そこは岡本喜八監督、本作をストレートな犯罪映画に終わらせず、ブラック・コメディとミュージカル仕立てにするセンスは、さすがと言うしかないでしょう。また、その喜八監督のセンスを理解した出演者陣が、躍動感にあふれた動きと演技を披露してくれているので、最後までひたすら楽しめます。伏線が多い映画ほど面白いという風潮が強い今の日本映画に比べれば、本作のストーリー展開と幕切れは実に潔いと思いますし、だからこそ、単純に楽しめると思うのです。映画監督岡本喜八の真髄が感じられる「ああ爆弾」、おススメします。

閲覧数396