ここから本文です

他人のそら似 (1994)

GROSSE FATIGUE/DEAD TIRED

監督
ミシェル・ブラン
  • みたいムービー 10
  • みたログ 66

3.25 / 評価:8件

最後の落ちが理解出来ればより面白い

  • rac******** さん
  • 2008年4月30日 3時47分
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

この映画は監督で俳優のミシェル・ブランが俳優ミシェル・ブランを、キャロル・ブーケが女優キャロル・ブーケという具合に、シャルロット・ゲンズブールからフィリップ・ノワレ、あるいはポランスキー監督等豪華キャストがそれぞれ自分自身の役で登場します。それだけで映画や映画界を題材にしている予想はつくのですが、見ていると単なるコメディーかと感じられます。

しかし最後に至ってフィリップ・ノワレが登場したあたりから、全体を収める「ある枠」が浮かび上がってきます。すると、コメディーとして描かれた本物ミシェル・ブランやソックリさんの偽者ミシェル・ブラン(パトリック・オリヴィエという役)がそれぞれあることを象徴するものであったことがわかります。そして物語自体もその枠により象徴されることでも意味を持つようになっていることがわかります。

この全体の枠に気付かなければたんなるコメディーですが、枠を理解しての含意、つまり本物と偽者の人間ドラマと、ダブらせて同時に(実は)描かれていたことが重なる構成が理解できれば、94年カンヌの脚本賞受賞とかいうのも納得です。

フランス映画を少なからず見ている方には特にオススメです。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 笑える
  • ゴージャス
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ