潮騒

-
潮騒
2.8

/ 15

13%
0%
47%
33%
7%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(3件)


  • いやよセブン

    3.0

    アイドルの定番

    初江役は、青山京子、吉永小百合(本作)、小野里みどり、山口百恵、堀ちえみが歴代演じている。 この話は閉鎖的な漁村で、格差を絡めたラブロマンスで、初江の純真快活で健気な役どころがアイドル向きなのだろう。 そして裸で抱き合う焚き火のシーンが有名で、その処理の仕方にスタッフの力量が発揮される。 そういえば「伊豆の踊子」でも露天風呂のシーンがあったなぁ。

  • syu********

    2.0

    時代の空気を後世の人に残してくれている

    潮騒(しおさい)は、三島由紀夫の小説。1954年6月、ギリシャの恋愛小説『ダフニスとクロエ』に着想を得て、書き下ろし長編として発表された。以来、これまでに5回映画化された。これほどリメイク作が多いのは川端康成の「伊豆の踊り子」と双璧である。 やっとのことで、次の約束をする。ものごとへの、女性と男性の反応の対比として、とてもリアルに描かれています。このあたりはとても健全ですね。 前日にちょっと胸に触れて、それから今日はエスカレートして、なんて感じに落ちてゆかぬところが、健全な時代の象徴的な表現になっています。「潮騒」が有名なのは、神島が舞台であることより、観的哨で新治と初江が、素裸になるシーンがあるからだ。青春映画として、女優が脱ぐ必然性のある文芸作品として映画化が繰返され通俗的な作品との印象を多くの人は持っている。よき文学とは、時代の空気を後世の人にきちんと残してくれるのだと思います。それが読者の報酬.

  • spg********

    2.0

    ネタバレ面白くもなんともない話

    このレビューにはネタバレが含まれています。
1 ページ/1 ページ中