ここから本文です

潮騒 (1964)

監督
森永健次郎
  • みたいムービー 4
  • みたログ 69

2.46 / 評価:13件

時代の空気を後世の人に残してくれている

潮騒(しおさい)は、三島由紀夫の小説。1954年6月、ギリシャの恋愛小説『ダフニスとクロエ』に着想を得て、書き下ろし長編として発表された。以来、これまでに5回映画化された。これほどリメイク作が多いのは川端康成の「伊豆の踊り子」と双璧である。
やっとのことで、次の約束をする。ものごとへの、女性と男性の反応の対比として、とてもリアルに描かれています。このあたりはとても健全ですね。 前日にちょっと胸に触れて、それから今日はエスカレートして、なんて感じに落ちてゆかぬところが、健全な時代の象徴的な表現になっています。「潮騒」が有名なのは、神島が舞台であることより、観的哨で新治と初江が、素裸になるシーンがあるからだ。青春映画として、女優が脱ぐ必然性のある文芸作品として映画化が繰返され通俗的な作品との印象を多くの人は持っている。よき文学とは、時代の空気を後世の人にきちんと残してくれるのだと思います。それが読者の報酬.

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 切ない
  • かわいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ