ひばり チエミ いづみ 三人よれば
3.3

/ 3

0%
67%
0%
33%
0%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(1件)

パニック16.7%ファンタジー16.7%笑える16.7%コミカル16.7%ロマンチック16.7%

  • toy********

    4.0

    ひばり チエミ いずみ 三人よれば

    美空ひばり、江利チエミ、雪村いずみの仲良し3人娘が、繰り広げる“歌あり、夢あり、ロマンスあり”の、それぞれが、結婚をするまでの過程を描くコメディ・ミュージカル映画~☆ ちょうど、東京オリンピックが、開催される国立競技場のシーンも背景に描写されていた 3人が、三様の日常生活を舞台に、雪村いずみは“ビューティフルサロン”に勤務し、江利チエミは、雑誌出版社に勤務。美空ひばりは、父の居酒屋の娘として、舞踊を嗜む~◇ ストーリーは、この3人に、彼氏がいるが!?それぞれに、結婚相手に相応しいかどうか?迷っている?? そんな折、雪村いずみと、江利チエミは、彼氏を連れて、先生の自宅へ伺う。二人は、彼氏を紹介するが、先生は、江利チエミと雪村いずみとに対し「エチケットを知らない」「イカレテル!」と一蹴される。遅れて美空ひばりも来るが「彼と別れて来た!」と先生に話した事から、先生は、美空ひばりに、高島忠夫を紹介する。 2人は、美空ひばりに紹介された彼氏を見て、嫉妬し、彼女の事が気になってしょうがない。。 ラストは、雪村いずみが、付き合っていた彼氏(岡田真澄)に正式にプロポーズを受け、結婚する事に~その知らせを聞いた江利チエミは、付き合っていた彼氏(夏木陽介)にプロポーズを受け、結婚する事に~その知らせを聞いた美空ひばりは、付き合っていた彼氏(宝田明)にプロポーズを受け、結婚する事になる~♪ 3人の中でも、江利チエミが、フライパンを片手に、彼氏を叩くところや、セリフで「ブルータスお前もか?」「女は男を使うもの!」等、この当時としては、まだ、男女同権ではなく、家長制度があった時代なのに、このようなセリフが、ポンポン飛び出すところが現代にも通じるところがあって、面白い(笑) 彼女の持つ、独特のキャラの、コミカルなテンポの良い、リズミカルな演技は、可笑しかった!(^^♪ のどかなノスタルジーに浸れ【人間の笑いがそこにある】のが良かった!! 映画自体は古いが、観ていて、楽しさ溢れる作品だった~(^^)

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
ひばり チエミ いづみ 三人よれば

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日
-

ジャンル