ここから本文です

暗殺 (1964)

監督
篠田正浩
  • みたいムービー 4
  • みたログ 35

3.56 / 評価:16件

解説

 司馬遼太郎の短編小説『奇妙なり八郎』を篠田正浩が映画化。清河八郎を丹波哲郎、佐々木只三郎を木村功が演じた。コントラストの強い、実験的な映像が評価された。目明かしを斬った罪で追われていた清河八郎は、浪士隊を組織することを申し出たため大赦を受けた。松平主税介の命を受けた佐々木只三郎は清河の命を狙うが、北辰一刀流大目録皆伝の腕を持つ清河に、逆に打ちのめされてしまう。

allcinema ONLINE (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ