ここから本文です

アリス (1988)

ALICE

監督
ヤン・シュヴァンクマイエル
  • みたいムービー 133
  • みたログ 506

3.94 / 評価:125件

原作と違いトランプの女王が残酷だ!

  • hir***** さん
  • 2019年12月26日 23時10分
  • 閲覧数 450
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

(1)
ウサギは原作では生きたウサギだが、映画ではおがくずの詰まった人形。人形は釘で台に固定されている。そのウサギが動き出し、釘を自分で抜き取る。不気味。
(2)
アリスの好奇心は旺盛。子供らしい好奇心。だが残酷でもある。原作のアリスは不思議の国の動物たちに対し親切で友好的だ。だが映画のアリスは動物たちに興味を持つが、友好的でない。
(3)
突然登場する一個の机とその引き出しが、魔術世界(「不思議の国」)への入り口。これは原作と異なり映画に独自だ。原作では入り口は垣根の下のウサギ穴だ。
(4)
映画の中で、ハサミは残酷さの象徴。ハサミが「首を斬る」ため使われる。子供の残酷さ、魔術世界の残酷さだ。ただし映画で首を斬られるのは人形かトランプの絵で血が流れない。グロテスクな映画でない。
(4)-2
原作で「首を斬れ」とばかり言うトランプの女王は残酷でない。すべて彼女の「幻想(fancy)にすぎない」とグリフォンが笑って言う。映画は残酷だが、原作に残酷さは全くない。
(5)
映画の面白い点一覧表(その1)。①アリスは映画でバケツの中に落ち、吸い込まれ別の場面(出来事)へ移ることがある。原作にはそのようなことがない。アリスは必ず歩いて次の場面に行く。②映画では小さくなったアリスが人形になる。確かに人形は「ヒトガタ」であり人間(小さくなったアリス)と等価だ。③アリスがドアを開けると別の世界が広がる。ドアの向うは異世界だ。原作ではアリスは不思議の国を歩いて回る。④ネズミがアリスの頭に杭を打ち、火を焚き料理するのが奇想天外かつ残酷だ。(この話は原作に全くない。監督の創作。)⑤泣くアリスの涙がプールの水のように大量にたまる。まるで涙腺が水道だ。小説の「涙のプール」(Pool pof tears)が映画で見事に可視化され感激する。⑥ウサギは女王の所に行くのに「遅刻する」と心配し続ける。ウサギはさっさと行けばいいのに、余計なことばかりし、かつアリスに敵対的だ。
(6)
映画では動物たちがすべて骸骨だ。またアリスに友好的でない。原作との大きな違いだ。原作ではアリスは動物(時には植物)たちと友好的に話す。(friendly chat)ところが映画では、動物はいつもアリスに敵対的だ。またアリスは骸骨の動物たちやウサギに対し、好奇心はあるが中立的で、友好的でない。この点でダークな映画だ。
(7)
映画の面白い点一覧表(その2)⑦魔法のクッキーを食べて巨大になったアリスが人形になる。ところが実はその人形の中にアリスが閉じ込められている。拷問具のアイアン・メイドゥン(鉄の乙女)を思い出させ不吉だ。⑧生肉が歩く。これが不気味だ。解体され死んだ肉が、生きている。面白いがグロテスク!⑨缶詰を開けると中からたくさんの甲虫がでてくるのも不気味だ。カフカの『変身』を思い出す。(⑦⑧⑨は監督の創作で、原作にない。)
(8)
靴下が芋虫になるのが不思議だ。アリスの履いていた靴下さえ芋虫になる。バケツに入った入れ歯とむき出しの目玉が、靴下の芋虫にくっつき、歯と目のある芋虫になる。原作の芋虫は靴下でない。靴下の芋虫というアイデアは、シュヴァンクマイエル監督のものだ。不気味だが、しかし可愛い芋虫!
(9)
映画の面白い点一覧表(その3)⑩頭にカツラとパフをつけた宮廷の使い、魚と蛙が愉快だ。原作の挿画に似る。蛙が長い舌でハエを食べる。面白いが、気持ち悪い。
(10)
「Mad Tea Party(狂った茶会)」は原作でも映画でもハイライトだ。(a)映画では、三月ウサギは人形。ボタンの眼が取れそうになり、糸を引っ張ると元の位置にもどるのが可笑しい&便利だ。(b)帽子屋は映画では木の人形。紅茶を飲むとえぐられた木の腹を紅茶が流れ、人間の解体標本を見るようだ。(グロテスクだ。)(c)トランプの女王の命令で、ウサギがハサミで、三月ウサギと帽子屋の首を斬る。ただし人形だから血が流れない。(d)その後、二人は首を取り替える。(Dr.スランプの アラレちゃんを思い出す
(11)
映画の面白い点一覧表(その4)⑪トランプのジャックがトランプから抜け出して、剣で戦う。彼らはウサギによってハサミで首を斬られる。血は流れないが残酷だ。女王が「首を斬れ」と命じたのだ。⑫トランプから抜け出した王・女王・ジャックなどはすべて平面の紙のまま。動き行動ししゃべる紙のヒトガタだ。(原作では普通の人間。)⑬クリケットのバットは、原作ではフラミンゴだが、映画ではニワトリ。ボールはハリネズミでなく針が沢山ささった針山。なるほど!
(12)
裁判で、アリスが女王に反抗する。「首を斬れ」と女王が命じる。人形のウサギがハサミをチョキチョキ鳴らす。アリスは絶体絶命。(大変だ!)ここでアリスは夢から覚める。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • ファンタジー
  • 不思議
  • 不気味
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ