人魚

8
人魚
4.1

/ 8

50%
13%
38%
0%
0%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(4件)


  • mih********

    5.0

    『人魚』の東西

    1964年に我らが手塚治虫先生が 今作『人魚』を発表した。 そして、 その4年後にベルギーの巨匠ラウル・セルヴェが ほとんど同じ題材やプロットを持った 『シレーネ』を世に送り出した。 どちらの作品も、 権力の傲慢さや想像の大切さなどが強く現れている作品です。 しかし、 言わんとすることはあまりにも違うような気がします。 ・~・『人魚』のレビュー・~・ 今作は空想を奪われた社会や権力への批判をうたっていますが、 実際は全然そんなものではない。 今作の本当のテーマは、心の成長だと思う。 少年が小魚を人魚だと思う。 しかし、大人になるにつれ、 子どもの頃の空想は非論理的で馬鹿げていると思うようになり、 そのうち形も思い出せなくなる。 そして大人になると、子どもの頃に起きた事はみんな忘れて、夢にしてしまう。 でも、少年は子どもの頃の空想を忘れる事を拒み、 誰も届かない地平線へと消えていくのでした・・・ ってな感じなんですよ。 ムードもヘッタクレもない言まわしですが、 このレビューで言いたいのは東西の『人魚』の比較です。 今作に出てきた国家権力は言い方が悪いですが蛇足。 粗筋は別のもっと良いレビューをお読み下さい。 ・~・『シレーネ』のレビュー・~・ 『夜の蝶 ラウル・セルヴェ作品集』に収められている今作。 ・~粗筋~・ ドラゴンのようなクレーンが武器を積み上げ、翼竜が飛び交う。 釣り人の針には骨の魚しかかからない、地獄のような港。 そんな港の夜に、 貨物船の船員が笛を吹くと人魚がやってくる。 座礁した帆船には、新たな帆がなびく・・・ 後編。 クレーンに釣られた人魚は落下し、 波止場に打ち付けられ絶命する。 驚いた釣り人は大急ぎで警官を呼んだが、 彼らは人魚の骸を散々もてあそんだだけだった。 駆けつけた救急車と動物園の職員達は互いに人魚の所有権を主張し、 裁判の結果、人魚は真っ二つに切断される・・・ 再び夜。 チョークで描かれた人魚のシルエットを少年が見つける。 月光で現れた影を、少年は自ら人魚の隣にチョークでなぞる。 二つのチョーク線は星座の彼方へと飛び去ってゆき、 少年は地上からその姿を見上げるのであった・・・ 政治的主張は圧倒的にこちらのほうが上だ。 権力への嫌悪やまがまがしさがにじみ出ているように感じる。 しかし、細かな心象描写は断然『人魚』のほうが上だと思う。 まあ、今作に関していえば、 どっちの意味でも‘見たまんま”という印象でした。 ・~では本題~・ アニメはやっぱり‘絵”だと思う。 絵に限って言えば、 個人差もあるだろうが個人的には断然『シレーネ』のほうがいいと感じた。 クレーンの悪夢的くねりや人物のコミカルの動き、 全体のテンポのよさは、 『人魚』の繊細で絵本のような絵、 言い換えれば割と大目に手を抜いたっぽい ほとんど動的な面白さに欠く絵、よりずっと面白い。 だが、物語は別だ。 『シレーネ』は作者の主張があまりにも強すぎて、 受け取る側に想像の余地がなく、自由度がとても低い。 だが、『人魚』は絵の効果もあってか、 なんか無限ぽい雰囲気があって、とても爆発的に見えた。 で、一番の疑問だが、 見れば見るほど思ってしまう 「セルヴェぱくったべ?」 ここまで一致していると、 もしセルヴェが『人魚』を一度も見たことがなくて ここまで瓜二つのものを作るってのはありえない。 しかし、そうするともっと面白い見方が出来る。 東西で、同じ物語を作ったらどうなるか?という問題だ。 一方は多面的に捉えることが出来る作品。 もう一つは強烈な暗喩の押し付け。 無論人柄に左右される事は分かっている。 セルヴェの反戦アニメや伝統の喪失への危機感は、 後の手塚のペラい環境問題アニメとは雲泥の差だ。 しかし、それを足しても、 そこにはヨーロッパと日本の国民風土の違いが見え隠れしているのではないか? 今の私にそれを調べるすべはないが、 他のアニメを見ていても、 私はその違いが絶対にあると確信している。 上の二つの作品はどちらも最高ですが、 私はどちらかと言うと『シレーネ』のどぎつい世界観のほうが好みです。 あのべったりと脂ぎった雰囲気は、 手塚先生はアニメラマでも表現できていなかったと思います。 東西の巨匠が描いた同じ題材を、比べてみるのも一興かと・・・

  • pin********

    5.0

    誰も、僕から君を奪えない。

    ○゜・。。・゜゜・。。・゜○゜・。。・゜゜・。。・゜○    ある遠い国に、空想好きの少年がいました。               しかし       その国では自由な空想は許されませんでした。 ○゜・。。・゜゜・。。・゜○゜・。。・゜゜・。。・゜○ 手塚治虫さんの短編アニメーションです。 魅力的で、切なくて、 苛立たしくて、感動的な8分間です。 音声は音楽だけで、台詞なし。 絵と映像の力を最大限に使って伝えてくる能力に 圧倒されてしまいます。 テーマは、『抑圧される想像』 ロマン・カチャーノフの 『ミトン』をご覧になった方に、 特におすすめです。 少し重なる要素があります。 ○゜・。。・゜゜・。。・゜○゜・。。・゜゜・。。・゜○    …            お前が観ているは                  ただの魚だ。  いえ、人魚です。         魚だ。          人魚だ!          いいや!魚だ!     人魚なんだ!       いいかげんにしろ!魚だ!             あれは、僕の人魚なんだ…。   彼らにはわからない、でも人魚なんだ…。         もう、彼女の姿を思い出すことも出来ない。  会わなくては、彼女に会わなくては。  今すぐ彼女の所に戻らなければ。  いますぐここを抜け出して  家までは知って…  僕の人魚に会う!    ああ、それなのに、  僕の人魚が!!!          ○゜・。。・゜゜・。。・゜○゜・。。・゜゜・。。・゜○ ラストシーンは大げさに言うと、 『ベニスに死す』と同じくらいの 切なくて、幸せで、美しいシーンが待っています。 余韻の深い8分間です。

  • pin********

    5.0

    「火の鳥」未来編を予感させます。

    手塚治虫の実験的なアニメーションです。 海で捕まえた小さな魚から人魚を空想する少年の物語です。 空想することを許されない国の物語という設定で、レイ・ブラッドベリの『華氏451』のような設定ですが、それよりは、手塚治虫のライフワークといわれる『火の鳥・未来編』を思わせる内容です。 『火の鳥・未来編』では不定形生物ムーピの脳波による催眠状態の中で、様ざまな空想の世界に遊ぶという、ムーピ・ゲームなるものが登場します。 また、不定形生物ムーピは後半、猿田博士の人口羊水のガラスケースの中で過ごすことになりますが、このガラスケース越しのムーピゲームは、この短編アニメーションのイメージそのままです。 使われている音楽、ドビュッシーの『牧神の午後のための前奏曲』ともあいまって、リリカルな作品となっています。 でも、なぜ空想が許されないのか、世界観の説明が不足しているため、叙情に流されてしまい、本来狙うべきである社会批評的な面が薄れてしまっているのは残念です。 『火の鳥・未来編』の雑誌連載は1967年からということなので、こちらの作品のほうが先行することになるのでしょうか。 ちなみにブラッドベリの『華氏451』は1953年の発表。邦訳の出たのがいつかわから何ので詳しい方にお教えいただきたいと思います。 後年の面白味のない手塚アニメとは、比べものにならないほど優れた短編アニメーションです。 ネット上でも見ることができます。ぜひご覧ください。

  • bit********

    5.0

    ばばぼっちり

    ぼっちりちりばば 人魚最高!!!!!!

1 ページ/1 ページ中