十兵衛暗殺剣
3.5

/ 6

17%
33%
33%
17%
0%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(4件)

勇敢14.3%悲しい7.1%かっこいい7.1%セクシー7.1%不気味7.1%

  • aki********

    4.0

    ○予想外にリアルな剣撃シーン ^_^;

    柳生十兵衛:近衛十四郎/幕屋大休:大友柳太朗 という二大剣撃スターによるリアルな決闘シーンに目を見張りました。 血肉の飛び出ない時代劇とばかり思っていましたが、いやいやどうして、なまなかのものではありません。一本取られた、という感じです。 敵役の幕屋大休は、小太刀の名手という設定で、新陰流は我こそが「正統」との主張でした。 自分の知見では、剣法は基本、「念流」「神道流」「陰流」の三源流に区分され、それぞれ以下のような派生形になるものと理解していました。 (1)念流→中条流→富田流、鐘捲流。後者の鐘捲流からは一刀流へ。 (2)神道流 →鹿島新当流、一羽流、微塵流、示現流など (3) 陰流→新陰流→柳生新陰流、疋田陰流、直心影流、タイ捨流など で、小太刀といえば、(1)の「富田流」が盛名を得ていたと理解しているのですが、そうなると、この映画の敵役・幕屋大休:大友柳太朗・小太刀の名手が、富田流ではなく、新陰流となり、その点、少々解せないものがありました。 以上

  • いやよセブン

    3.0

    湖族?

    江戸に柳生新陰流本家の看板を掲げた道場が現れる。 道場主(大友柳太朗)はお上に直訴するが柳生家からは相手にされない。 そこで柳生の道場を挑発、門弟を血祭りに上げ、十兵衛(近衛十四郎)に琵琶湖まで来いと誘う。 琵琶湖には河童のような湖族がいて村で狼藉を働いていた。 水中撮影の多い時代劇。

  • bakeneko

    5.0

    ネタバレ小太刀剣法の脅威!

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • kyo********

    3.0

    時代劇の傑作と・・・

    勧められて見た。 結論は凡百のTV時代劇。 カメラワークがテレビ的と思ったら、この監督、 その後テレビに移って多作(?)したらしい。 テレビ表現手法に影響を与えたのかもしれない。 そうだとしたらその意味で重要な作品なのだろう。 しかし時代劇の傑作とは言い難い。 黒澤、小林、内田といった時代劇作品群と比べると 画像、演出、カメラワーク、美術、音楽 どれをとっても一歩も二歩も引く。 製作年度が黒澤「用心棒」すなわち斬殺音や出血シーンを採用した 作品を見た後のもの。表現史的にも斬新さはない。 十兵衛の敵役大友柳太郎の存在をもっと神秘的に(表出しせず) 扱えば迫力を増したかもしれない。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


近衛十四郎柳生十兵衛
河原崎長一郎城所早苗
大友柳太朗幕屋大休
内田朝雄庄田喜左衛門
香川良介柳生但馬守
北竜二松平伊豆守
雲井三郎長近江之介
神戸瓢介田丸宗十郎
近江雄二郎津軽伯典
国一太郎箕作平三
高杉玄朝妻の源
源八郎与助
波多野博後宝綱

基本情報


タイトル
十兵衛暗殺剣

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日
-