ここから本文です

座頭市血笑旅 (1964)

監督
三隅研次
  • みたいムービー 5
  • みたログ 84

4.00 / 評価:33件

今では絶対できない表現に美を見た

  • roc***** さん
  • 2018年5月14日 0時27分
  • 閲覧数 311
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

今ではできない、問題になるような事象も含まれていると思います。

しかし、演技、殺陣、美術、カメラワーク、構図・・・素晴らしいと思います。
今の日本人が、日本が失くしてしまった美しさがこの映画にはあります。
これらの素晴らしい表現もまた、今では絶対にできないのです。

勝新太郎さんの魅力もさることながら、風景が大好きです。
お兄様の若山富三郎さんが子連れ狼に出演されていましたが、
この作品は子連れ座頭市だ!なんて思ってしまいます。
どちらも三隅研次監督。流石です。

義理と人情と言えば簡単ですが、描写に深みがあります。
父性、母性、改心、抗えぬ運命を感じさせるラストの背中。涙が出ます。

座頭市でおすすめを一作挙げるとすれば私はこの座頭市血笑旅を挙げます。
後世に伝えたい大傑作時代劇です。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 笑える
  • 楽しい
  • 悲しい
  • ロマンチック
  • 切ない
  • かわいい
  • かっこいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ