ここから本文です

座頭市血笑旅 (1964)

監督
三隅研次
  • みたいムービー 5
  • みたログ 84

4.00 / 評価:33件

座頭市シリーズの傑作の一つ

  • cineman81 さん
  • 2019年12月15日 18時28分
  • 閲覧数 73
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

座頭市シリーズも好調の8作目。座頭市が自分の代わりに殺された若い母親の赤ん坊を父親のもとに届ける旅をする。
座頭市と赤ん坊という好対照を組み合わせ、人間味溢れる座頭市のキャラクターとユーモア、そして常に命を狙うヤクザ達との見事な殺陣が見応えがある作品。牧浦地志の立体的な撮影、おなじみの伊福部昭の情緒豊かな音楽、自然を活かした美術も美しい。作り手の愛情溢れるシナリオと細かな演出が、日本映画の真髄を見せつけてくれる。
最後の勝新太郎命懸けの殺陣も見所である。
記憶に残る、泣かせる美しい座頭市映画。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ