ここから本文です

日本拷問刑罰史 (1964)

監督
小森白
  • みたいムービー 5
  • みたログ 3

4.50 / 評価:4件

日本拷問刑罰史について

  • uen******** さん
  • 2015年7月17日 15時56分
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

 これは素晴らしい映画です。
 日本で行われた拷問と刑罰をいくつかのオムニバスで描いたものですが、特に可憐な町娘が放火の疑いで町奉行に捕われ、残酷な拷問にかけられてついに無実の罪を白状して火焙りにされる物語が素晴らしい。捕われた町娘は拷問土蔵に入れられ、上半身裸にされて縛られて竹刀の鞭で打たれます。豊かな乳房に食い込む縄目で激しい悲鳴で喘ぎもだえる表情が素晴らしい。 
 そして石抱き責めの拷問に掛けられます。一枚だけでも脛に食い込む算盤の苦痛に泣き叫びますが、白状しないので二枚目も乗せられます。気絶寸前に追い込まれ、ガックリと首を折ったのが自白とされてしまいます。そして縛られて馬に跨らされ、刑場に引き立てられます。腰巻一枚の半裸にされた肉体が柱に縛り付けられ、火が点けられます。
 その他にも隠れキリシタンの娘が三角木馬に跨らされたり、女盗賊が捕われて海老責めの鞭打ちから磔で槍で刺殺されるシーンもあります。
余りにも古いので(1964年製作)DVDもありませんので、ぜひリメイクしてもらいたいものです。
 町娘に扮する森美紗はその後梓映子と改名してTVや映画に活躍しました。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • セクシー
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ