ここから本文です

黒の超特急 (1964)

監督
増村保造
  • みたいムービー 0
  • みたログ 39

3.67 / 評価:9件

田宮二郎はハンサムであります。

  • mal***** さん
  • 2010年2月28日 18時31分
  • 閲覧数 424
  • 役立ち度 3
    • 総合評価
    • ★★★★★

いまの若い人は田宮二郎という俳優さんのこと、あまり知らないなかもしれません。そんな私もテレビのクイズ番組「タイム・ショック」の初代司会者の印象が強く、映画における俳優田宮二郎の存在は「悪名」シリーズ軽妙なキャラの彼しか知りません(関西弁がとにかく、めっちゃうまいんですよ)。「黒」シリーズは以前に「黒の試走車」を観たのですが、「悪名」とはまるで違ったキャラを演じる姿を目にすると、早すぎた彼の死が残念で仕方ありません。いまも存命ならば、ホンマ渋くてカッコいい俳優になっていたことでしょう。本作に登場する人物は全員欲望に溺れた人間ばかりです。田宮二郎演じる主人公もゆすりによって大金をせしめようとする男ですが、それでも最終的に金のためなら殺人にまで手を染める男に比べれば、まだまだ小物扱いに描かれているのが本作の怖いところです。主人公もその男同様の立場に陥る手前でなんとか踏み留まり、?ぼくはただ金がほしかった。それだけです。?と言い放つ姿は痛々しいです。また、共演者の加東大介のいやらしい存在感も、本作の面白さを引き出した要因だと思います。皮肉な終わり方ではありますが、いまでも十分に通用するテーマを描いた映画だと思います。よろしければ、どうぞご覧ください。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 不気味
  • 恐怖
  • 知的
  • 絶望的
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ