ここから本文です

博徒ざむらい (1964)

監督
森一生
  • みたいムービー 0
  • みたログ 3

未評価

解説

 久保栄の同名戯曲を「忍びの者 霧隠才蔵」の高岩肇と「雪崩」の武田敦が脚色し「昨日消えた男 」の森一生が監督した。幕末を舞台に、時代に翻弄されるやくざの姿を描く。  甲斐の祐天こと祐天仙之助は、大親分津向の文吉のおかげで男一匹に成長した。しかし賭場を狙う吃安一家の用心棒を仙之助が斬ったことから、文吉と吃安が遠島の身となってしまう。責任を感じた仙之助は一家を盛り上げることに成功するが、島から逃げ帰ってきた吃安と手を組んだ代官宇津美にだまされ、決死の覚悟で横浜に逃げ延びた。甲州屋と出会い商いの道に喜びを見出す仙之助だったが、またもや宇津美に追われ、恩人に迷惑がかかるのをおそれて自首した。そこで彼は新徴組を率いる清河八郎と出会い、釈放されるのだった。

allcinema ONLINE (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ