レビュー一覧に戻る
うず潮

tot********

4.0

ネタバレ林芙美子の女学校時代のお話・・・

なかなかよかった。演技でイモ臭い吉永小百合が熱演していた。ラスト近くの質屋の女将への告白シーンはじ~んとくるものがあった。網元の息子、質屋の息子と芙美子に恋する金持ちぼんぼん二人の人柄もよく、ほかの人たちも根っからの悪い人はいない。父母とも行商人で生活が豊かでない芙美子の明るさ・頑張り、そして恋愛とやりたいこと(仕事・文学への可能性)との葛藤を上手く描いていた。そして結局は一人で東京へ発つ芙美子。 映像も綺麗で、主人公に感情移入もでき、しっかり見入ることができた。 舞台である尾道の昭和30年代の景色もよかった。奈良岡朋子、二谷英明、沢村貞子も若い。そして4~5歳の林寛子がでていたのもビックリ!

閲覧数808