122
4.1

/ 38

39%
39%
13%
8%
0%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(8件)


  • itumogokigen

    3.0

    ネタバレなかなかの鬱作品だけど…

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • 柚子

    5.0

    見事な、エンタメ

    記録している人がいるわけで、大方、事実なんだろう 大老 井伊直弼を暗殺した侍のくだりは、エンタメになっていて、唸る 上手いなぁ…と、呟いてしまった

  • uso********

    2.0

    若かった、今もう一度見る気にはなれない

    「用心棒」「椿三十郎」を見て、三船敏郎の時代劇に熱狂した私は、その勢いのままこの映画を鑑賞しました。当時、二十歳そこそこの私には、とても受け入れられない難物で、セリフは聞き取りにくい。史実らしいが、誰が誰だか見分けがつかない。おまけに、ラストの唐突さは、喜んでいいのか、残念なのか。よくわからない。 雪の中、刃傷沙汰になると、こう映るのか。程度の感想しか浮かびませんでした。正直、面白くもなんともなかった。

  • rec********

    5.0

    この作品を黙殺する事は罪である

    岡本喜八には『赤毛』という傑作がありますが『侍』もまた『赤毛』と遜色ない傑作です。その証拠に両作品ともこんにちでは殆ど話題になりません。山田洋次藤沢周平の時代劇三部作など公開から2〜3年もすれば老化が始まる普通の映画ですが岡本喜八時代劇は2017年現在でも観るたびに更新されていく新しい映画です。

  • bakeneko

    5.0

    ネタバレ季節外れの大雪が…

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • tai********

    5.0

    1月2日に見ました すばらしい!!

    2時間 見入りました ほぼ50年前 高校生の頃に見た映画ですが  こころにずっと残っていました 2時間 我を忘れて 見入っていました 岡本さんは うまいですねえ いわゆる 満州西部劇でも おもしろい映画をつくっていましたが 時代劇も ほかの映画も ほんとうに 職人というか 市川崑 さんに 体型も 似ているけど^^ よく 似た 上手な監督さんでした!! 伊藤雄之助  おもろい顔ですね!! 三船さんの 殺陣は あいかわらず すばらしいです!!

  • mys********

    5.0

    侍に成ろうとして侍を終わらせる男の話

    何だ何だこのレビュウの少なさは~ この「侍」こそ、日本の侍映画の至宝、「切腹」と匹敵する侍映画なのに。 個人的には最も好きかも知れない「侍映画」。 もう何回見たかわからない、また見ちゃったw ネタは桜田門外の変、井伊直弼暗殺についてのリアリズム時代劇。 喜八さんの時代劇は結構見てる。 「斬る」「戦国野郎」「吶喊」「大菩薩峠」などサイコーに楽しい活劇だが、見た後立ちすくむほどの凄まじいカタルシスを生むのはこれ「侍」 桃の節句3月3日、雪と血の舞い散る殺陣は時代劇史上屈指の出来。 カメラが凄いんだ、緊迫感が凄いんだ、積み上げられた物語の上に君臨する三船が掲げた剣の先を見て戦慄を禁じ得ないのだ。 桜田門外の変の映像による惨劇、 自分の生い立ちを知らずにその生い立ちを破壊してしまう物語による悲劇、 大名に成りたかった男が自らの手で侍の時代を終わらすことに加担してしまうと言う矛盾性、これでカタルシスが生まれないわけが無いのだ。 役者も、もちろんイイ。 三船はもちろん、伊藤雄之助の冷徹さはセリフにもある通り血も冷える。 好々爺の東野栄治郎も最高。 脚本も橋本忍、これで面白くないわけないとわかっちゃいるけど、 喜八さんこれは凄すぎますぜ。 なので、みんな、もそっと見てね

  • aki********

    4.0

    万延元年の暗殺劇

    暗いお話で後味も悪い。岡本喜八らしい痛快活劇とはいえないが、でもキャメラ・ワーク、構図の設計はうまい。 手前と奥に人物・物を配置したり、地面に穴掘ってカメラマンを潜らせたんじゃないか、というローアングルなどが、加藤泰みたいだ。 役者の顔の超アップは三隅研次みたいだ。 単に「マネ」という意味ではなく、編集の中でのそういう画の使い方がこなれていて、実に効果的でうまい。尺八をメインに使った音楽もいいと思う。 役者の顔ぶれを見ると、東映や大映みたいな時代劇俳優はほとんどいない。みんな古い言葉で言うところの新劇の人たちだ。例外は松本幸四郎・市川中車など歌舞伎界の人たちぐらいか。このメンバーで時代劇を作らなきゃいけな い、っていうのは仕方なかったんだろうが、そこを逆手にとってリアリズムを達者に演出した感もある。

1 ページ/1 ページ中