ここから本文です

(1965)

監督
岡本喜八
  • みたいムービー 11
  • みたログ 78

4.19 / 評価:26件

この作品を黙殺する事は罪である

岡本喜八には『赤毛』という傑作がありますが『侍』もまた『赤毛』と遜色ない傑作です。その証拠に両作品ともこんにちでは殆ど話題になりません。山田洋次藤沢周平の時代劇三部作など公開から2〜3年もすれば老化が始まる普通の映画ですが岡本喜八時代劇は2017年現在でも観るたびに更新されていく新しい映画です。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 笑える
  • 楽しい
  • スペクタクル
  • ゴージャス
  • 切ない
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ