ここから本文です

(1965)

監督
岡本喜八
  • みたいムービー 11
  • みたログ 78

4.19 / 評価:26件

解説

 郡司次郎正の「侍ニッポン」を、橋本忍が脚色し岡本喜八が監督した時代劇。三船敏郎によるスピーディーかつ豪快な殺陣が見どころ。  幕末。登城する井伊直弼を暗殺しようと、水戸藩士の星野監物を首領とする三十二人の浪人たちが集結していた。しかし井伊は現れず計画は失敗、副首領はこの中に内通者がいると裏切り者の捜索を始める。目をつけられたのは新納鶴千代と栗原栄之助の二人だった。鶴千代は自分の出自も知らず孤児として育ち、水戸浪士を助けたことから暗殺に加わった。栄之助は町道場で代稽古を務めていたが、身内に井伊大老と親しい人物がいた。星野監物は鶴千代に栄之助を斬るよう命じるが、実は裏切り者は参謀の増位惣兵衛であったことが判明する。

allcinema ONLINE (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ