ここから本文です

波影 (1965)

監督
豊田四郎
  • みたいムービー 0
  • みたログ 6

4.25 / 評価:4件

解説

 水上勉の同名小説を、八住利雄が脚色し豊田四郎が監督した。撮影を担当した岡崎宏三が「いちばん納得できた仕事」と言うほど、映像の美しさが際立っている。音楽は芥川也寸志が担当。  レインコートを着た女性が、雛千代の墓を見舞っている。彼女は雛千代のことを思い出していた。雛千代は本名を倉本かね子といい、自分から娼妓になりたいと柾木家を父と訪れたのだった。懸命に働く雛千代を、女将のまさは可愛がった。まさの娘である世津子も、雛千代にとてもよく懐いた。数年後、世津子の父の吉太郎が死亡。しかし除隊となり帰ってきた世津子の兄の忠志は、家業が嫌いだから海軍に入るなどと言い出す。やがてGHQによる公娼廃止令が発布されるが、母親と口論した忠志は柾木家に火をつけてしまう。

allcinema ONLINE (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ