レビュー一覧に戻る
美しさと哀しみと

le_********

4.0

ネタバレ虚構だからありえる坂見けい子という女

原作:川端康成、監督:篠田正浩、音楽:武満徹、タイトル画・絵:池田満寿夫 ある年の暮れ、作家の大木年雄(山村聡)は、京都で除夜の鐘を聞くため新幹線に乗っていた。京都には、かつて少女時代に身ごもらせた上野音子(八千草薫)がいたからである。 京都に着き、電話で音子に知らせると、翌日年雄を迎えに来たのは、音子の弟子、坂見けい子(加賀まりこ)であった。…… 年雄はかつて、16歳であった音子との間に子をなしたが、誕生後すぐにその子は死んでしまい、その経緯を書いた小説「十六七の少女」で、作家生活に入った。 年雄には妻、文子(渡辺美佐子)と息子、太一郎(山本圭)があった。 今は絵を描いている音子には、音子を師として、また、愛の対象として慕うけい子がいたが、けい子は音子の過去を知り、音子にひどいことをした年雄に復讐するため、年雄や太一郎に近づき、年雄の家庭を破壊するようたくらむ。 女優がみな若いせいもあるが、女優=きれいな人、である時代の映画だ。 川端の原作は遠い昔に読んだが、ほぼ忠実に脚本化されているように思う。 年雄の自宅は北鎌倉で、音子は京都にいる。 冒頭の嵯峨野の風情や知恩院の鐘の音など、京都の風光明媚を背景に、師弟を越える間柄の音子とけい子、年雄と太一郎親子を誘惑するけい子を軸に、それぞれの慕いあう関係、ちらちらと消えては現れる嫉妬心などを、文学的なセリフ回しと、意図的な長回しや演出で描き出している。 小悪魔と言われた加賀まりこが男たちを誘惑する構図は、まさしく小説のなかでしかありえそうもないが、うなされて起きた八千草薫の手を噛むシーンなど興味深いシーンも多い。 文学作品らしく歴史にからませた逸話なども取り混ぜながら、日本情緒や女の情念を、巧みに描き出している。 その一方で、映画のなかで音子の描く絵や、タイトルバックの絵は、当時売り出し中の池田満寿夫が描き、音楽は武満徹の現代音楽を使い、独特の心理描写にひと役買っている。

閲覧数1,025